《神鳴り》

通常魔法
このカードを発動するターン、
モンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事は出来ない。
このカードは1ターンに1枚しか発動できない。 
デッキからレベル4以上の雷族モンスター1体を選択し手札に加える。

デッキからレベル4以上の雷族モンスターを手札に加える通常魔法。
発動したターンは一切の召喚を封じられるデメリットがある。

この手のカードには珍しく上級モンスターも効果範囲に含まれている。
《ライオウ》のような優秀なアタッカーから《降雷皇ハモン》や《美しき緋の衣 永江衣玖》といった強力な上級モンスターを手札に加えることができる。

召喚できないデメリットがあるので手札に加えたモンスターを召喚するのに1ターン待つことになる。
その為《マインドクラッシュ》や《異次元の指名者》といった指名ハンデスが弱点となるだろう。


単純にレベル4モンスター(というか《ライオウ》)を呼ぶためのカードとしてはとにかくデメリットのキツさばかりが目につくが召喚は出来ずとも取り敢えずセットすることは可能なので《マシュマロン》などの戦闘破壊耐性持ちや《電池メン-ボタン型》など各種リクルーターで1ターンお茶を濁しつつリリースを確保し次のターンサーチした上級モンスターで巻き返しを狙うという運用を行うのであれば多少デメリットを緩和することが可能。そのためどちらかといえば上級モンスターサーチにおまけでレベル4も対応しているという方が正しい。一応後に《D・ラジオン》のようなセットに適した下級モンスターも登場してはいるが背負っているデメリットを補える程の爆発力があるかといえば怪しいところ。
幸いサーチ先には失ったテンポアドバンテージを取り戻すのに非常に適した《雷帝ザボルグ》が存在するのでこれをサーチして見せておくだけでも相手の立ち回りをある程度制限できる。ただそうまでして《雷帝ザボルグ》が欲しいというデッキも中々無いのでこの手の汎用サーチカードとしては異例なレベルで出張パーツとして見向きもされていない。

その一方で【電池メン】とは抜群の相性を誇る(まともな雷族テーマが電池メンくらいしかないということでもあるが)。
まず第一に《雷帝ザボルグ》のみならず《充電池メン》《超電磁稼動ボルテック・ドラゴン》という2種のテーマ専用上級モンスターを持つのでサーチ対象に幅を作ることが出来る。特に《充電池メン》の存在は非常に大きくアドバンテージの回収+ワンキルトリガーという役割上このカードによって1ターンを放棄しても尚サーチするだけの価値がある場面は少なくない。
第二にワンキル特化という電池メンのテーマコンセプトと先述した時間稼ぎ要員は無理なく組み合わせられる。またコンボパーツが揃うまでの過程で《雷帝ザボルグ》や《マシュマロン》で相手のライフを多少削っておけばその分妥協コンボでも相手を即死させられるようになる。特に《マシュマロン》とは非常に相性が良くとりあえず伏せておいて首尾よくバーンができればそれだけで《デブリ・ドラゴン》による《電池メン-単三型》の暴走漏電コンボのダメージ7000ラインに相手のライフを引きずり込むことが出来る。しかも《マシュマロン》自身が《デブリ・ドラゴン》対応。また《魂を削る死霊》も《デブリ・ドラゴン》対応な上《漏電》で相手を殺しきれない場面でもハンデスによって追い打ちを仕掛けられるのでこちらも相性がいい。
第三に上でも多少触れたが【電池メン】は最終的にワンキルで締めるテーマなのでその過程で多少テンポアドバンテージを損なってもあまり問題にならない。要は最終的にこのカードでサーチした《充電池メン》がワンキルに貢献してくれれば良いのである。
公式ワンキルテーマという事情やそもそものマイナーっぷりから【電池メン】自体の使用率が死ぬほど低いためそれに釣られる形でこのカードも実戦で見る機会は恐ろしく稀だが、「汎用効果でありながら専用テーマ以外では見向きもされない」「しかし単に弱いわけではなくサポート対象のテーマではしっかりと汎用性の高い活躍を見せる」というのはある意味サポートカードのあるべき姿かもしれない。


サイト開設3ヶ月で実装されたほぼ最古参と言っても良いオリカだがオリカ全体で見ても屈指の「地味なカード」
  • 妙に使いづらい
  • かといってネタにするほど弱くも無個性でもない
  • 超マイナー種族のサポート
  • 元ネタ使用者はGXに数多いた使い捨てキャラの1人
  • シナジーする原作付きオリカも贔屓目に見ても数体程度しか居ない
と使われない+ネタにされない土壌は揃いに揃っており、このカードより弱いカードや何かの劣化で採用価値の無いカードはいくらでもあるが、こと「地味さ」という観点で見ると並ぶものはそう居ない。
なまじレベル4を呼ぶことが出来てしまったがために当初は最も汎用性の高い雷族だった《ライオウ》とこのカードと同時実装された《美しき緋の衣 永江衣玖》を呼ぶためのカードとみなされていた。しかし直後の下級アタッカー運用が封じられる+情報アドを晒してしまうというそれぞれの理由からこの両者との相性はハッキリ言って良くない。
そのためデメリットばかりが目立つカードとして扱われ、さらに不幸なことに同じく最古参の上級サーチである《グレイソーマタージ》の自由すぎる性能と比較されまくりその評価は過度に低く見られるようになってしまった。その後《グレイソーマタージ》も度重なるエラッタと環境の変化により当初からは考えられないほど使いドコロの少ないカードになっていったが、だからといってこのカードの使用率が増えるわけもなかった。というかもうこの頃には大多数の決闘者から存在自体忘れられていた。
《雷帝ザボルグ》が時代とともにある種許されていったこともあり一応使用率はともかく評価に関しては現在では多少はマシになっているが実装当初から現在に至るまで特筆するほど相性の良いパートナーと巡り合えていないどころかカードプール自体殆ど増えていない雷族サポートという生まれの不幸は計り知れない。


  • 原作・アニメにおいて――
十代VS岩丸戦にて岩丸が使用。
原作では手札に加えたターンは召喚できないが手札に加えるモンスターのレベル制限が無い強力なサーチカードだった。
効果によりデッキから《雷帝ザボルグ》を手札に加えた。