《フリージングコフィン》

速攻魔法
フィールドに存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターに「アイスカウンター」を3つ乗せる。 

 咲夜オリジナルカード第一期で登場した速攻魔法。
 アイスカウンターを乗せる効果の中でスペルスピードが2であり、単体に一度に乗せる個数も多めである。

 フリーチェーン故に発動タイミングを選ばないが、《突進》、《収縮》などと同じくコンバットトリックで使用するのが基本。

 《コールドディヴィニティー》下での性質は《鎖付きブーメラン》に近いものがある。いわゆるディスアドバンテージのない装備魔法で、その中でも上昇値はそれら類似カードの倍近いものがあり強力であるが、《コールドディヴィニティー》にデッキ自体が大きく依存していることと思われるためリスクに見合ったリターンと言えるであろうか。

 《絶対氷壁》発動中は、破壊したモンスターとともにアイスカウンターは失われてしまうものの、より瞬間的威力に特化する。攻撃力2100下降は殆どの場合《収縮》以上の射程であり、よほどのモンスターでない限りこれ一枚で返り討ちにすることができるようになる。
 また、攻撃力2100以下のモンスターは戦闘を介さず処理できる単体除去として使用することもできる。

 どちらのフィールド魔法と併用するにしろ、非常に汎用性が高いといえるだろう。



  • 《収縮》《突進》のように使う事が多いため勘違いしそうになるが、このカード自身に攻守のステータスを変化させる効果は無い。
 つまりダメージステップに発動する事は出来ないため、チェーンチェック箇所を間違えないよう注意。

発動時メッセージ「フリージングコフィンによって氷の棺に閉じ込められた!」

  • 「テキストが短いカードは強い」という不文律を体現しているカードのひとつ。


関連リンク