《闇の神-ダークゴッド》

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻 3000/守 1000
このカードは特殊召喚できない。
また、相手プレイヤーに直接攻撃できない。
表側攻撃表示のこのカードは戦闘で破壊されない。
このカードが戦闘でモンスターを破壊した時、相手ライフに700ダメージを与える。 


闇属性・悪魔族の最上級モンスター。
召喚制限と直接攻撃できないデメリット効果と戦闘破壊耐性とモンスターを破壊したときにダメージを与える誘発効果を持つ。

戦闘破壊されないので同じ攻撃力を持つ《究極恐獣》や《青眼の白龍》といったカードに優位に立てる。
いかなる方法でも特殊召喚できないので《ダブルコストン》 や《死皇帝の陵墓》などの通常召喚サポートが必要となる。

直接攻撃できないという上級モンスターとしては結構なハンデを背負っている。
《メテオ・ストライク》などで貫通効果を持たせてやり、《式神返し》などでプレッシャーを掛けてやるのもいいだろう。



直接攻撃できないので相手モンスターを攻撃してダメージを与えることを中心に考えよう。このカードは守備力が低く、守備表示の時は戦闘で破壊されてしまうので《最終突撃命令》と相性がいい。
効果ダメージを与える効果は戦闘破壊したモンスターを墓地に送る必要はないので《次元の裂け目》が発動しているときや、トークンを破壊してもダメージを与えられる。《おジャマトリオ》と《最終突撃命令》を一緒に使えば1体当たり4000ポイントのダメージを与えられる。
特殊召喚できないが、闇属性なので《ダブルコストン》や《終焉の焔》を使って召喚を補助してやることができる。

自分のモンスターがこのカードだけの場合、相手はモンスターを召喚せずに様子見をしてくるだろう。
《おジャマトリオ》、またはアニメのように《式神返し》を用いるか、《首領・ザルーグ》等攻撃を通すことが脅威となりうるモンスターと組み合わせると相手は時間稼ぎができず、強力。

  • 《降雷皇ハモン》の方が強いとかいってはいけない。

  • 視聴者が考えたオリジナルモンスターの一体である。


  • 原作において
十代&エドVS美寿知戦において美寿知が使用。
同ステータス・同効果のダークゴッドトークンを特殊召喚する《無限の降魔鏡》の効果によりフィールドを埋め尽くした。
攻撃名は「アブソリュート・ダークネス」。