※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《仮面舞踏会の夜》

速攻魔法
自分の手札から「仮面」と名のつくモンスター1体を選択し自分の場に特殊召喚する。

結構大幅にも思えるエラッタのかかった1枚。
速攻魔法で完全蘇生なのは強すぎると判断されたのだろうか?

廃墟化後《仮面ライダーW》が実装されたため使われる機会が増えた。効果使用後手札に戻るとの相性はいいだろう。



以下エラッタ前の記述

《仮面舞踏会の夜》

速攻魔法
自分の手札と墓地から、「仮面」と名のつくモンスターを任意に選択し自分の場に特殊召喚する。(同名カードは一枚まで) 

「仮面」と名のつくモンスターのサポートカード。「仮面」と名のつくモンスターを手札、墓地から特殊召喚する。現状では一体しか特殊召喚はできない。
あまり使われているのを見たことはないが、《仮面魔獣デス・ガーディウス》と共に使うとすさまじく強い。
速攻魔法であるため、《聖なるバリア-ミラーフォース-》等の除去カードを使用された直後に使用することで、攻撃力3300のアタッカーが蘇る。また、《仮面魔獣デス・ガーディウス》が墓地に送られた時に相手モンスターのコントロールを奪う事ができるので、わざと破壊した後にもう一度蘇らせるのもアリ。
《仮面魔獣デス・ガーディウス》を一度正規召喚する必要こそあるものの、一度召喚できたなら今は禁止カードとなった《リビングデッドの呼び声》と同等の能力を持つので、専用デッキを組む時には投入を検討する余地は大いにあるだろう。

また、《仮面魔獣デス・ガーディウス》以外でも、《仮面竜》、《仮面魔獣マスクド・ヘルレイザー》等の蘇生に使用可能。《仮面竜》のためにこのカードをデッキに積む人はまずいないだろうが、《仮面魔獣マスクド・ヘルレイザー》は攻撃力3200とアタッカーにはなり得るので、蘇生の選択肢には入る。
一度《仮面魔獣マスクド・ヘルレイザー》が召喚されていたなら、《仮面呪術師カースド・ギュラ》ともう一体を生贄に《仮面魔獣デス・ガーディウス》を召喚、これにチェーンして《激流葬》を使用し、《仮面舞踏会の夜》を発動すれば一応1killになる・・・筈なのだが、上記の通りCGIの都合で現在は不可能である事、またこんな面倒な事をしなくても単体で十分《仮面魔獣デス・ガーディウス》と《仮面魔獣マスクド・ヘルレイザー》は使えるので、普通に蘇生に使用するのが一番。




関連カード