《アナザー・フュージョン》

通常罠
自分のフィールド上から融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地に送り、
融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
このターンのエンドフェイズに破壊される。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

自分フィールド上限定の罠版《超融合》
手札コストが無い代わりに召喚したモンスターは自壊デメリットを負うことになる。
《融合解除》や《亜空間物質転送装置》などデメリットを回避するカードと共に運用するのが望ましいだろう。
ほぼ同じスピードスペル2の効果を持つ《超融合》との差別化も考えたい。

《幻想郷の鬼 伊吹萃香(MPP)》との相性が良い、自壊のデメリットを軽減でき、また自身の効果や《地獄の暴走召喚》により融合素材である《幻想郷の鬼 伊吹萃香》3体をフィールド上に並べることが出来るからである

  • 原作・アニメにおいて―
漫画GXの十代VS龍牙戦にて十代が使用。
イカサマにより魔法の発動が封じられていたが効果により《E・HERO ジ・アース》の融合召喚に成功した。