説明

人形及びドールの名の付くモンスターを主体としたデッキ。
場に他の人形達を揃わせれば単体で爆発的な威力を発揮する《首吊り蓬莱人形》
墓地のドールの数で攻撃力がアップする最上級モンスター《うるわしのビスクドール-エシーラ》
そして特殊召喚モンスターであり難しい条件に見合う耐性のある《ドールキメラ》等が目玉となる。


概要

人形ドールは幾つかサポートが共通しているが、基本的に別物である。
折衷して共に使う事が有効なのは《人形遣い アリス・マーガトロイド》《ストロードールカミカゼ》そして
《マジシャンズ・サークル》程度。
よって、【ドール】を組む時はどちらか片方の構成にした方がいい。本項ではドールパーツを絡めた【ドール】を紹介する。


まず、ドールパーツの枚数から入りたい。各3枚入れるか、2枚に抑えるかで回し方も違ってくる為だ。
下手に多く入れると圧迫にしかならず、戦闘能力も無い為【ガジェット】より始末の悪い事になる可能性もある。
多くすれば《ドールキメラ》も採用候補に上がってくる。条件は厳しいが強力な破壊耐性があるので考慮したい。

サーチャー・リクルーターに《人形遣い アリス・マーガトロイド》《見習い魔術師》を各2枚程度欲しい。ドールパーツは全てレベル1の魔法使い族である。
《人形遣い アリス・マーガトロイド》は手札に溜まり処理しきれなくなったドールパーツを捨てればアタッカーとしても機能する。
また、ドールパーツの比率が多い場合は《魔導雑貨商人》で墓地を肥やしてもいい。
下級・上級共に攻撃力の低いモンスターが多く、蘇生やサルベージも容易な為である。



  1. サポートカード~
基本的にドローソースに乏しいが、3枚積みならばデッキの1/4はドールパーツである。《凡骨の意地》が補助程度になら使える。
モンスターが多くなりやすいので【雑貨貪欲ターボ】軸にしてもいい。
【ガジェット】のように圧縮ができないわけでもなく、《人海戦術》を使えばデッキから容易に展開できる。
展開後はそのまま《首吊り蓬莱人形》を出して殴ってもいいし、墓地の溜まり具合では生贄に捧げエシーラを呼んでもいい。
ただし、パーツ切れに注意したい。上記二つの墓地肥やし型なら《貪欲な壺》を積んでも腐りにくいだろう。

ほとんどのモンスターに《リミット・リバース》が使える。特に《ドールキメラ》を蘇生した場合は効果で破壊されず完全蘇生である。


全体的な守備力の低さから《アクア・マドール》も起用したい。



このデッキの弱点

貫通能力に致命的。守備力が高い・高くなりうるモンスターは《人形遣い アリス・マーガトロイド》と《アクア・マドール》、《ドールキメラ》くらいのもの。
ドールパーツやメインアタッカーの守備力が軒並み0というのは辛い物がある。
コントロール奪取にも致命的で、《ドールキメラ》は破壊できないモンスターが除去を物ともせず殴ってくる。
展開したドールパーツを《憑依するブラッドソウル》に根こそぎ盗られた挙句邪神を召喚されたら涙すら出てくる。
対策としてはやはり《亜空間物質転送装置》、墓地から《ドールキメラ》を盗りに来た場合《ヒーローズルール1-ファイブ・フリーダムス》等がいいだろうか。




派生デッキ

【アリスドール】
《人形遣い アリス・マーガトロイド》を主軸に人形達で攻め入る【ビートバーン】に近いデッキ。
モンスター構成は大きく変わってくるが、サポート自体は大して変わらない。
アタッカーを《魔法の操り人形》と《首吊り蓬莱人形》に頼る為少々脆い面のあるデッキである。


【トライアングル・パーツ】
《弱肉一色》《トライアングルパワー》《人海戦術》を駆使し、ドールパーツでワンショットキルを行うデッキ。
ドールパーツは攻撃力0なので《奈落の落とし穴》に引っかからず、《リミット・リバース》《エンジェル・リフト》の両方に対応。
《地獄の暴走召喚》も容易く、《弱肉一色》が発動できるなら相手の特殊召喚もデメリットになりにくい。
1キルデッキには悩みの種でキーカードをカウンターされると脆い為多少のカウンター罠が必要である。

【凡骨エシーラ】
ドールパーツ四種に加え、《ネオアクア・マドール》 《アクア・マドール》《ホーリー・ドール》の間違ったドール三種、計二十一枚をフル投入し《凡骨の意地》を最大限に活用。しかる後に《うるわしのビスクドール-エシーラ》で一撃必殺を狙うデッキ。
間違ったドールの三種もまたいずれも魔法使い族なので《ディメンション・マジック》等のサポートもおいしく活用できシナジーは悪くない。
その他は、魔法使い族兼バニラアタッカーとして下級を支えられる《ヂュミナイ・エルフ》が適当だろうか。
咲夜さんCGI開闢期から存在する由緒あるデッキである。

代表的なカード



関連リンク