《黒竜の聖騎士》

儀式・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1900/守1200
「黒竜降臨」により降臨。
フィールドか手札から、レベルが4以上になるようカードを生け贄に捧げなければならない。
このカードが裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、
ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそのモンスターを破壊する。
また、このカードを生け贄に捧げる事で手札またはデッキから
「真紅眼の黒竜」1体を特殊召喚する事ができる。(そのターン「真紅眼の黒竜」は攻撃できない。)

闇属性・ドラゴン族の儀式モンスター。
裏側守備表示のままそのモンスターを破壊する効果と、《真紅眼の黒竜》を特殊召喚する効果を持つ

《白竜の聖騎士》の色変えver。
《真紅眼の黒竜》のサポートカードとなるが、そこそこの戦闘力があるこのカードを生け贄に捧げてまで呼び出す魅力は、《白竜の聖騎士》における《青眼の白龍》ほど無い。ただ《真紅眼の黒竜》を出すだけなら《黒竜の雛》で十分である。
しかし、通常召喚権を失わずに《真紅眼の黒龍》を出せるという事は大いに有効である。《真紅眼の黒竜》を出した後に《融合呪印生物-闇》を通常召喚すればその効果により《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》へつなぐ事ができ、これは《白竜の聖騎士》には無い利点である。この場合、《真紅眼の黒竜》が攻撃できないデメリットは事実上無くなる。

《白竜の聖騎士》もそうだが、単体でもなかなかの性能を誇る。《真紅眼の黒龍》の特殊召喚を狙う際にもこの戦闘力が戦線維持に役立つ事もあるだろう。
《白竜の聖騎士》との差異としては、このカードが闇属性である事が挙げられる。
闇属性はサポートカードが多く、例えば攻撃力を少し上げるだけで《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》にも対応できる。闇属性かつレベル4と言う事で、ドラゴン族統一で組まれた《ダーク・ホルス・ドラゴン》を利用したデッキにも役立つだろう。
ともすると《白竜の聖騎士》よりも高いポテンシャルを秘めたカードかもしれない。

  • 闇属性の儀式モンスターの宿命と言うべきか、専用の儀式魔法より《奈落との契約》の方が有用な事が多いのはお約束。しかしそれでも《高等儀式術》の方が更に便利だったりもする。

  • 原作・アニメにおいて―~
城之内VS舞戦にて城之内が使用。
《鉄の騎士 ギア・フリード》を生け贄に捧げて召喚された。召喚されてすぐに生け贄にされ、《真紅眼の黒竜》を召喚した。

城之内VSジーク戦にて城之内の手札に確認する事ができる。
しかし、《ニーベルングの指輪》の効果で墓地へと送られてしまった。

関連カード


  • 《白竜の聖騎士》