《ディアバウンド・カーネル》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻 1800/守 1200
自分のターンのメインフェイズ1に相手フィールドの表側表示モンスター1体を選択し発動する。
このカードをゲームから除外し、選択したモンスターの攻撃力をこのカードの攻撃力分ダウンさせる。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送る度に、このカードの攻撃力は600ポイントアップする。 

闇属性・悪魔族の上級モンスター。
自身を除外すること相手フィールド上のモンスター1体の攻撃力を下げる起動効果。
モンスターを戦闘で破壊し墓地に送る度に攻撃力をアップさせる永続効果を持つ。

自身を除外して攻撃力を下げる効果だが、相手に戦闘破壊されるという受身の条件とはいえ再利用が期待できる《手錠龍》
上級モンスターである自身を除外するよりはなるべく《収縮》《突進》といったコストを必要としない戦闘補助カードを利用したい。

上級モンスターであるがステータスは低く、戦闘に生き残ることは難しい。
攻撃力を上昇させる効果を活かすなら《ダークゾーン》などによる強化は必須となるだろう。

  • 原作アニメにおいて
海馬vsバクラ戦でバクラが使用。
原作では攻撃力上昇効果は無かったが、除外するカードは自身以外のモンスターを選択できた。
ドップラートークンを除外することで《青眼の白竜》の攻撃力を下げた。