《死霊の盾》

永続罠 
相手が直接攻撃を宣言した時、自分の墓地に存在する悪魔族またはアンデット族モンスター1体をゲームから除外する事で、そのモンスターの攻撃を無効にする。
自分のスタンバイフェイズ毎に800ライフポイントを払う。払わなければ、このカードを破壊する。 

実装時期別カードリスト・第一期で実装された墓地のアンデット族・悪魔族モンスター1体を除外し、直接攻撃を無効にする永続罠。
スタンバイフェイズに800ライフを払う維持コストが必要となる。

《紅き月 レミリア・スカーレット》の帰還を軸とするデッキに墓地から除外する手段として採用することもできる。
種類に乏しく二番煎じ感のある他の除外カードに飽きたら使ってみるのも面白いだろう。

直接攻撃のみ発動可能なために劣勢に追い込まれでもしない限り、発動機会は少なくなる。
墓地からの特殊召喚を得意とするアンデット族とは、やや相性が悪いのでコストとして使用するなら悪魔族となるだろうか。
除外したモンスターを再利用するために《D・D・R》、《闇次元の解放、》《異次元からの帰還》といったカードを用意したい。


原作アニメにおいて
海馬vsバクラ戦でバクラが使用。
墓地の《首なし騎士》を除外し《青眼の白龍》の攻撃を無効にした。
原作ではライフコストが必要なく、またモンスターへの攻撃も無効にできた。