《熱かい悩む神の火 霊烏路空》

融合・効果モンスター
星11/炎属性/炎族/攻4400 /守1400
「地獄鴉 お空」+「八汰烏」
このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えない。
自分のスタンバイフェイズ毎に、このカードのコントローラーは800ポイントのダメージを受け、
このカードの攻撃力は400ポイントアップする。このカードはモンスター効果によって破壊されない。
このカードが戦闘でモンスターを破壊して墓地へ送った時、このカードの攻撃力をエンドフェイズまで1000ポイントダウンさせる事で
このカードはもう一度攻撃する事ができる。この効果を適用した攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分となる。

炎属性・炎族の融合モンスター。
お空が《八汰烏》と融合した姿。
コントローラーにダメージを与えつつ自身の攻撃力を上昇させる効果と、モンスター効果によって破壊されない効果を持つ。

まさかの禁止カードが融合素材である。「 このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えない」の一文を持つため、《沼地の魔神王》などの代用素材モンスターも使用できない。そのため、正規融合で使おうと思うならば、《太陽の化神 八咫烏》のカード名変更効果を利用しなければならない。しかしこの《太陽の化神 八咫烏》《ニュークリアフュージョン》に対応しているため、あえて正規融合するメリットは通常の蘇生が使用できることぐらいである。《死者蘇生》が禁止でない現制限環境ではNTRのリスクの方が大きいだろう。
というわけでこのカードは融合デッキからの特殊召喚をメインに運用する事になる。

事実上、このカード専用の融合カードである。《八汰烏》以外と融合する。
詳細はそのページで。
一見正規融合で蘇生条件を満たす必要があるように見えるが、していなくても使えるというトンでも効果。しかしその分墓地コストの要求が激しい。
詳細はそのページで。
  • 《幻想召喚師》による融合デッキからの特殊召喚
その効果により自壊してしまうが《ワーム・ホール》《亜空間物質転送装置》等で回避が出来る。
《カタディオプトリック》で召喚した《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》も自壊回避を共有し《ニュークリアフュージョン》の素材となるため、同時に並べるのも面白い。
《幻想召喚師》による召喚と異なり、自壊などのデメリットが無い。
しかし、《聖獣セルケト》召喚時に《王家の大神殿》を破壊されると大きなディスアドバンテージを背負うことになるので注意。
  • 「制限なし」
制限なしにすれば《八汰烏》をはじめ、《デビル・フランケン》《突然変異》等が使用可能になる。
実用的ではないが覚えておくといいと思う。

以上のようにフィールドに出すにも一手間かかるが、一度出てしまえばその攻撃力とモンスター効果による破壊への耐性によって、高い性圧力を誇るだろう。特に攻撃力は自身の効果で際限なく上がり続けるので《光の護封剣》等で足止めしておくと、このカードよりちょっと高い程度の攻撃力・守備力ならすぐに追い越してしまう。
一方、フィールドに置いておくだけで毎ターン800ポイントの決して軽くないダメージを喰らい続けることになる。《波動キャノン》よりはマシだが、そもそもそんなものと比べられる時点でアレである。このカードを出したならば短期決戦に臨むか、回復ギミックを用意しておくべきだろう。《マテリアル・ドラゴン》や《デス・ウォンバット》はこのダメージを無効にしてくれるが、特にこのカードとのシナジーが存在しない。また、破壊耐性もモンスター効果による破壊にしか対応していないので、バウンス・除外はもちろんのこと、魔法・罠にも完全に無耐性である。守備力も低いので表示形式変更にも弱い。弱点は意外と多いのだ。
フィールドに出すにも、出した後にも扱い悩むことになるが、その攻撃力は掛け値なしにトップクラスである。上手に扱ってクリーンに勝利しよう。だがダメージで自爆は避けるように。

エラッタにより追加攻撃効果を得た。
これにより高攻撃力を更に活かせるようになった。

  • 原作において―~
東方地霊殿6面ボス 霊烏路 空(れいうじ うつほ)
核融合を操る程度の能力を持つのは厳密にはこっちの方。
未だかつてないサイズの弾を使用する。

関連カード




Q&A

Q.幻想召喚師で特殊召喚したこのカードが自壊してしまいます。
A.霊烏路空は破壊する効果を無効にする効果であるため、幻想召喚師のような誓約効果的自壊を無効にする事は出来ません。

Q.ガイアドレイクを幻想召喚師で出しても自壊しない裁定が出てるんだけど、お空はどうなるのだぜ?
A.カードが違います (10/09/14)