《冥王計画》

通常罠 
自分ターンのメインフェイズにのみ発動できる。
自分の墓地に存在する「八卦衆」と名のついたモンスター4種類をゲームから除外する事で発動する。
手札から「八卦衆 天のゼオライマー」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。 

墓地の八卦衆4種類を除外することで《八卦衆 天のゼオライマー》を手札から特殊召喚する通常罠。
メインフェイズにしか発動できないという制約がある。

八卦衆2体+その他1体をリリースという大変重いコストを代用できる。
とはいえ上級モンスターである八卦衆を4種類墓地に溜め込むのは中々に難しい。
発動条件を満たそうと八卦衆の枚数を増やせば、それだけ手札事故の確率も跳ね上がるだろう。

発動サポートとしては墓地にモンスターを溜め込みつつ、魔法・罠をサーチできる《魔導雑貨商人》が適任か。
他には《八卦衆 月のローズセラヴィー》《八卦衆 水のガロウィン》の2種類を墓地へ送れる《スクリーチ》、
八卦衆を展開できる《鉄甲龍-ハウドラゴン》《八卦衆 地のディノディロス》を特殊召喚できる《カオスエンドマスター》、
効果により自身を墓地に送れる《八卦衆 月のローズセラヴィー》などを入れると楽になるだろう。

ライトロードなどを併用し八卦衆を継続的に墓地へ送りながら戦い、溜まったところでこのカードを発動し一撃必殺を狙っていく型も考えられる。
このカードを発動できれば全体除去+3300ダメージが確定するため、狙っていく価値はある。
その際は《戦士の生還》を採用しておくと、一緒に墓地へ落ちてしまった《八卦衆 天のゼオライマー》をこのカード発動のために手札に戻す事が出来、
《ライトロード・パラディン ジェイン》《カオスエンドマスター》あたりとも共有できる。

関連カード

  • 《虹の引力》