※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ワルキューレ・ツヴァイト》

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1600/守1600
このカードの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールド上のモンスター1体を破壊する。

光属性・天使族の上級モンスター。

破壊する効果は強制効果であり、相手フィールド上のモンスターのみを破壊するので相手フィールド上にモンスター
が存在しない場合にこのカードを特殊召喚してもデメリットがない。

攻撃力は1600と、下級アタッカーより低い数値だが中途半端な攻撃力を持つモンスターは倒せる。
だが他のレベル5のモンスターよりは確実に攻撃力が低いので、戦闘を積極的に行えるモンスターではない。

特殊召喚で相手モンスターを破壊できる事は《雷帝ザボルグ》を上回る。ただ、手札で腐る場合が多いので《おろかな埋葬》などで
墓地に送るか、《白鳥の乙女》などで簡単に特殊召喚できるようにしていきたい。

  • 原作アニメにおいて
KCグランプリ編の変則決闘 羽蛾&竜崎vsジークでジークが使用。
後攻1ターン目で《Walkuren Ritt》の効果で3体特殊召喚され、《インセクト女王》と《暗黒恐獣》を破壊した。
その後の直接攻撃で、羽蛾と竜崎のライフを0にし、1ターンキルをした。
なお、バトルロワイヤル方式では一巡するまで攻撃できないというルールが御伽&レベッカvsヴァロン戦であったが、
この決闘ではそのルールは存在しなかったようで、後攻1ターン目から攻撃を仕掛けている。
それに加え、《ワルキューレ・ツヴァイト》3体と《ワルキューレ・アルテスト》1体で直接攻撃していたが、モンスターの特殊能力を
考えると羽蛾か竜崎のどちらかのライフポイントは600ポイント残るはずである。ミスだろうか。

城之内vsジークでジークが使用。
こちらも《Walkuren Ritt》によって3体特殊召喚され、《人造人間―サイコ・ショッカー》を破壊した。
そして直接攻撃でライフポイントを0にするはずだったが城之内の使用した《ハイパーフレッシュ》によって失敗し、
デッキに戻った。

海馬vsジークでジークが使用。
後攻1ターン目で《Walkuren Ritt》によって1体特殊召喚され、《X-ヘッド・キャノン》を破壊した。その後は
《漆黒の闘龍》を戦闘で破壊し、ユニオンモンスター《運命の戦車》を装備し、海馬に直接攻撃を行った。
そして《ワルキューレ・ブリュンヒルデ》の生け贄となるまでフィールド上に残り続けた。