《ワルキューレ・ブリュンヒルデ》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守2000
このカードは通常召喚できない。「ローゲの焔」の効果によってのみ特殊召喚できる。
相手フィールドに表側表示で存在する戦士族とドラゴン族モンスター1体につきこのカードの攻撃力は300ポイントアップする。
このカードが戦闘で破壊される場合、このカードの守備力を1000ポイントダウンさせ破壊を無効にする(ダメージ計算は適用する)。 


光属性・天使族の条件召喚モンスター。
召喚ルール効果、攻撃力アップの永続効果、そして戦闘耐性能力を持つ。

《DNA改造手術》で攻撃力を上げるか、《収縮》などの戦闘サポートは必要になるが、《DNA改造手術》は事故要因になったり
するので、入れすぎは危険。《霊剣―ノートゥング》でも多少サポートはできるが、装備魔法なので事故につながる可能性が高い。

とは言っても、もし相手にドラゴンが5体いれば、攻撃力は4300となり、最大攻撃力は6800となる。
まあもっとも、そんな状況が珍しい。それに、相手モンスターを破壊すると攻撃力が500ずつ下がっていくのも難点。
相手フィールド上のみなので自分で強化することもできない。

戦闘耐性能力だが、守備力を1000ポイント下げなければ使えないのでほとんどの場合、2回しか使用する事ができない。
なお、守備力を1000ポイント下げられない場合(例:守備力が800しかない時)はこの効果を使用することができない。


効果発動時メッセージ「 ブリュンヒルデの盾が代わりに破壊される!ワルキューレ・ブリュンヒルデは1度だけ戦闘で破壊されない!

  • 原作アニメにおいて
「KCグランプリ編」において、城之内vsジークでジークが使用。
《ローゲの焔》の効果で特殊召喚された。戦闘耐性能力を活かし、《マキシマム・シックス》との戦闘で、破壊されずに
残った。その後は《霊剣―ノートゥング》の効果で《真紅眼の黒竜》を除外、《英雄の架け橋―ビヴロスト》の効果で
《マキシマム・シックス》を破壊した。

海馬vsジークでジークが使用。
今度はワルキューレを2体生け贄にして生け贄召喚された。
《青眼の白龍》の攻撃を耐え、《霊剣―ノートゥング》で除外し、《天馬の翼》の効果で海馬に直接攻撃をする。
その後は、海馬の《混沌帝龍―終焉の使者》の効果で墓地へ送られるが《終幕の光》の効果で墓地から特殊召喚される。

海馬が《次元融合》を使用し5体のドラゴンを並べ、攻撃力が3300となり上回るがドラゴン達の自爆特攻により攻撃力が2700となり、
《青眼の白龍》に戦闘で破壊される。

ちなみに、アニメではワルキューレで2体の生け贄が必要で、攻撃力上昇値は300ポイントだった。