《紅魔の従者》

効果モンスター
星2/炎/戦士族/攻 600/守 700
このカードをリリースして発動する。
手札の「紅き月」または「魔女」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

咲夜さんCGI4期で《白玉楼の亡霊》《無縁塚の魂》と共に実装されたサポートカード群の一枚。
手札の特定のモンスターを特殊召喚できる効果を持つ。

戦士族という恵まれたステータスと低い攻撃力、レベルから《UFOタートル》《増援》《リミット・リバース》などサポートカードは多い。
特に主人の召喚サポートを共に担える《炎を支配する者》とは《UFOタートル》を併用できる。
但し、戦闘破壊されやすいステータス故通常召喚したらすぐ効果を使うなどの工夫が必要。

特殊召喚できるモンスターはこのページの末尾にまとめた。

特殊召喚可能なモンスターのうちレミリアパチュリールサルカと一部の占い魔女以外は下級モンスターのため、めったに使う場面には遭遇しないだろう。
《魔女 C.C.》に至っては下級のリバースモンスターである。

《図書館の魔女 パチュリー・ノーレッジ》は追撃要素としてどうしても必要な場合以外は、このカードをリリースしアドバンス召喚を行った方がよい。
《黒円卓第八位”魔女”ルサルカ》は自身にリリース軽減効果が内蔵されているため、無理に《紅魔の従者》と組ませるよりもそちらを生かす構築を行った方がよいだろう。

よって、基本的には【紅魔館】として無理なくデッキを構築できる《紅き月 レミリア・スカーレット》《花曇の魔女 パチュリー・ノーレッジ》の召喚サポートとして運用していくのがよい。

どちらも最上級モンスターであるこの2体を、手札1枚の損失ですぐに特殊召喚できるのは非常に強力。
《フォービドゥンフルーツ》の発動条件を満たす上で最も基本であり困難であった「レミリアをフィールドに立たせる事」がかなり楽になったのも見逃せない。
積極的に《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》の召喚を狙う場合にも役に立つだろう。
逆に、あらかじめ《フォービドゥンフルーツ》を同時に伏せておけば、このカードで特殊召喚したのに何もしないまま除去されてしまった、という場合の保険になるとも考えられる。

いずれにせよ、【紅魔館】において強力な召喚サポートであることは間違いない。

  • 《トゥルース・リインフォース》の効果対象である。《増援》が制限となっている事もあり、戦略の起点になり得るこのカードを速攻でリクルートできるのは大きいので、採用を検討してみる価値はあるだろう。


  • 攻め方が直球になりがちな【紅魔館】において、《賢者の石》とともにうってつけのアクセントとはなっていたものの、実の所【紅魔館】においてパチュリーを投入する必要性はカードテキスト的にはなかった。しかしこのカードの登場によって、名実ともに無理なくパチュリーを【紅魔館】に組み込む事が出来るようになったと言えるだろう。

2011/09のエラッタにおいて、特殊召喚したモンスターがそのターン攻撃を行えないデメリットが消滅するという上方修正を受け強化された。
これにより、強力な攻撃性能を誇る《紅き月 レミリア・スカーレット》などの力を即座に発揮する事ができるようになり、戦闘速度が上昇した。

発動時「紅魔館メイドは館の主達を呼びに行った!」と表示される。

  • 特殊召喚可能なモンスター


《カトブレパスと運命の魔女》
《黒薔薇の魔女》
《エンジェル・魔女》
《見習い魔女》


  • 原作・アニメにおいて―
「東方紅魔郷」にて登場する、紅魔館の妖精メイドたち。
上司のように完全で瀟洒とまではなかなかいかないようだ。




関連カード