※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《DT・ナイトメアハンド》

チューナーモンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカードはデッキから特殊召喚する事はできない。
自分フィールドのこのカードと、チューナー以外のモンスター1体を墓地へ送る事で、
エクストラデッキから条件を満たすダークシンクロモンスター1体を特殊召喚する。
このカードの召喚に成功した時、手札からレベル2以下のモンスター1体を特殊召喚できる。

2011/9/6のエラッタによって特殊召喚制限がデッキからのみになった。

闇属性・悪魔族のチューナーモンスター。
ダークチューナーの1体であり、ダークシンクロを行う際には必須となる。

レベル10でありながら攻守0であり優れたモンスター効果も特に持たない。《クリッター》や《闇の調律》などでサーチした後は、手早くダークシンクロに繋げてしまおう。
召喚に成功した時に手札からレベル2以下のモンスターを特殊召喚できるので、手札消費は激しくなるが即座に素材モンスターを場に揃えることができるのは優秀といえる。
このカードの効果で特殊召喚したレベル2モンスターを素材にするとレベル8の《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》をスムーズにダークシンクロ召喚できる。

あちらはレベルが9であり、DTの生贄サポートとして有効な《クリボーを呼ぶ笛》《終焉の焔》をそのまま
《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》のダークシンクロ素材に流用出来てしまうのだ。
《ボルト・ヘッジホッグ》等、相性の良いレベル2モンスターを用意して対抗したいところである。

  • エラッタにより、墓地、手札、除外ゾーンから特殊召喚することが可能になった。
汎用的な蘇生カードで特殊召喚できるのはもちろん、攻撃力・守備力が0の悪魔族であるため、《リミット・リバース》や《死霊操りしパペットマスター》などに対応し、除外すれば闇属性であるため《闇次元の解放》でも場に出すことが出来る。
特に《死霊操りしパペットマスター》はダークシンクロに必要な素材を即座に揃えつつ、レベルの調整もしやすいため様々なダークシンクロモンスターに繋げることが出来るため非常に相性がよい。
このような使い方ができるのはこのカードだけなので、ダークチューナーの中でもかなり使いやすい部類となっただろう。

  • 原作において―
遊戯王5Ds「遊星VS鬼柳」戦にて鬼柳が使用。
《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビースト》をリリースしてアドバンス召喚された。
自身の効果により手札から《インフェルニティ・ドワーフ》を特殊召喚し、《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》のダークシンクロ召喚に使われた。
この組み合わせは実戦でも極めて有効なので、積極的に狙っていきたい。


関連カード