《バレエ・メカニック》

速攻魔法 
自分フィールド上の「LFO」と名のついたモンスター1体をリリースする事で発動する。
手札から「LFO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターは攻撃力が500ポイントアップする。

オリジナルカード第五期にて登場した、LFO専用サポートカードの速攻魔法。
LFO1体をリリースして手札から新たなLFOを、攻撃力を上げて特殊召喚する。

使い方は既存の同一系統カード《ディメンション・マジック》と同じに考えて良いだろう。
自分バトルフェイズ中の追撃、または相手からの攻撃や、対象を取るカードにチェーン発動しての回避などが主な使い時となる。
ただしLFOには共通の対象を取る効果を回避する効果があるため、その回避効果を見込んでこのカードは使わないでおくという選択肢もある。

特殊召喚する対象であるが、ここはやはり《LFO ニルヴァーシュ type ジ・エンド》《LFO ターミナス type B303デビルフィッシュ》などの
強力な最上級クラスのモンスターを選択したい。このカードの効果と合わせて3000~4000クラスのモンスターを即特殊召喚できるのは非常に強力。
下級・上級クラスのLFOであっても、2000以上の攻撃力は見込めるため十分に有力。元々の攻撃力が比較的高いモンスターが多いのは有りがたいところだ。

スピードの速い【LFO】デッキが、このカードによってさらに打撃力を増加させる事が出来る。
逆に【LFO】と対戦する場合、相手のバトルフェイズを凌いだと思ってもこのカードによって強烈な追撃を受ける可能性がある、という事を常に頭に置いておくべきだろう。


同系の《ディメンション・マジック》と比べると攻撃力500上昇がある代わりに相手モンスター1体を破壊できる効果が失われており、
またリリース用のモンスターもLFOに限定されるためカード単体の性能的には《ディメンション・マジック》に劣ると言わざるを得ない。
それでも上記のように強力モンスターによる速攻&追撃能力は大変評価できるものであり、むしろ《ディメンション・マジック》がいかに強力であるか、というべきであろう。
(ここには【魔法使い】が、パワフルな最上級モンスターで速攻をかける、という形のデッキ・戦術の型を取り辛いという事も関係してくると言える)


《LFO ニルヴァーシュ type ジ・エンド》を特殊召喚した時。
ドミニク「アネモネーーーーッ!!」

  • 原作・アニメにおいて―
交響詩篇エウレカセブン、クライマックスにして神回と評価の高い第48話サブタイトル「バレエ・メカニック」。