《ブラックマンバ》

効果モンスター
星3/闇属性/爬虫類族/攻 1300/守 1000
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手の場に存在するモンスター1体の表示形式を変更する。


闇属性・爬虫類族の下級モンスター。
召喚・特殊召喚時に相手の場のモンスター1体の表示形式を変更する誘発効果を持つ。
このような表示形式を変更する効果を持つ下級モンスターは、再度召喚の必要な《インフィニティ・ダーク》、《王家の眠る谷-ネクロバレー》が必要な《墓守の暗殺者》、攻撃力のない《竜宮之姫》、リバース効果である《グラビティ・ボール》、攻撃表示にしか変更できない《ワーム・バルサス》、そしてこのカードのみである。
同じく爬虫類族で類似効果を持つ《ワーム・バルサス》との違いは、表側表示のモンスターしか表示形式を変更できないこと、相手のモンスターの表示形式しか変更できないこと、攻撃表示のモンスターを守備表示に変更できるということ。
このカードが活躍する場面は、《月読命》のように相手の高攻撃力・低守備力のモンスターを戦闘破壊したい時、攻撃力の低い壁モンスターを攻撃表示にし相手に超過ダメージを与えたい時など。
特に高攻撃力・低守備力モンスターの戦闘破壊に関しては、《月読命》と同じく「帝」モンスターや、さらに《月読命》では対処できない《神獣王バルバロス》等も戦闘で破壊することができる。
攻撃力が1300の闇属性モンスターなので、《ダーク・バースト》で再利用することも、《ダーク・アームド・ドラゴン》の召喚・効果発動のトリガーにすることもできる。
《邪龍アナンタ》の特殊召喚の前後に召喚すれば、相手に大ダメージを与えることが可能である。

「ブラックマンバ」とはコブラ科マンバ属に分類され、全長200-350cmの体長を持つ毒蛇である。
強力な神経毒を有しているが、どうやらまともにぶつかった場合は魔法の国の幼女をなんとか倒せる程度のものらしい。


  • 原作・アニメにおいて―~
漫画GXの「十代vs小日向」戦にて小日向星華が使用。
彼女はこのモンスターを3積しているようで、1体目は最初のターンに通常召喚、《毒蛇の怨念》によって、2体目は《ブラックマンバ》の戦闘破壊、3体目は《呪念の化身 ウルボヌス》のアドバンス召喚のためのリリースをトリガーに特殊召喚されている。
最後は《邪龍アナンタ》の特殊召喚のコストとして3体とも除外された。