※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《リターンイナニメトネス》

速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「人形遣い アリス・マーガトロイド」以外の 「人形」と名のついた
モンスターを全て破壊し、破壊した数と同じ数まで相手フィールド上のカードを破壊する事ができる。  

オリジナルカード5期で登場した速攻魔法。
自分の場の人形を破壊して同数の分まで相手カードを破壊できる人形版《機雷化》ともいうべき速攻魔法。

破壊した人形と同じ数の相手のカードを、このカード1枚を消費して破壊するため
1:1クラスの交換は望めない。破壊するのが、ほとんどが下級モンスターでありサーチやサルベージも容易な人形である事を利用し、逆に相手の強力な上級モンスターやキーカードを破壊する事でこの損失を埋めよう。

特別な発動条件の無い速攻魔法であり、破壊できる相手のカードにも制約はないため使いやすいカードと言える。
人形デッキで使用する上では相手の場を崩す有効な助けとなってくれるだろう。
ただし人形関連カードには《魂のないフォークダンス》《首吊り蓬莱人形》のように人形を複数展開する事で
強力な効果となるカードもあり、それらとの相性は良いとは言えない事には注意しておこう。

似たカードに《スーサイドスクワッド》がある。こちらは破壊する自分の人形は1体のみであり、
その効果は相手のカード破壊ではなくバーンダメージとなっている。《魔法の筒》がトップデッキに採用されない事などに代表されるように、このゲームでは多少のライフアドバンテージよりもボードアドバンテージが優先されるというのが通説ではあるが、《スーサイドスクワッド》は必要な1体のみを破壊するので自フィールドの制御に融通がきく事、
《ストロードールカミカゼ》などをともに採用したバーン寄りの構築では有効な火力と成りうる事などから、
一概に《リターンイナニメトネス》が優れているとは決して言えない。

《輪廻の西蔵人形》とは相性が良い。このカードは人形をリリースなどのコストではなく破壊として扱うため、
自発的に《輪廻の西蔵人形》の効果も発動させ損失を補う事が出来るのだ。《輪廻の西蔵人形》の効果は強制効果であるため、相手のカードを破壊する処理が挟まる事でタイミングを逃す心配もない。

発動時メッセージ「アリスの人形達が場のカードを巻き込み暴発!」

  • 原作・アニメにおいて-
東方Projectにおいてアリス・マーガトロイドが使用するスペルカード。
アリスが自分の人形を大量に投げつけ爆破させ相手に打撃を与える。《機雷化》に似た効果はここから取られたものだろう。
イナニメトネスはイン・アニメイトネスを英語読み的に表記したもの、Return(戻る) inanimateness(生命のない状態)。
アリスによって生命を吹き込まれていた人形が爆破される事で、再び生命のない状態に戻る事と、
この攻撃により相手も「生命のない状態」にする事とのダブルミーニングか。


関連カード


関連項目