《フォース・オブ・フォー》

永続魔法
互いのプレイヤーの手札枚数制限は4枚となる。


互いのプレイヤーの手札枚数制限を4枚とするルール介入型の永続魔法カード。

勘違いしやすいが、手札を5枚以上持つことができなくなる訳ではない。エンドフェイズ時の手札調整になるまでは、手札が5枚以上あっても良い訳だ。

相手が【エクゾディア】ならば有効な1枚ではある。
手札制限が4枚になるので、元々自分の手札が少なくなりがちなデッキに入れておけばいいかもしれない。
相手が手札消費の激しいデッキでなければ、手札を節約するハズなので、手札を減らさせる事はできる。

アニメでの使用者であるエドの従えるD-HEROと対を成すE・HEROのサポートカード、《ホープ・オブ・フィフス》と、どことなく響きが似ている。

  • 原作・アニメにおいて―
エドvsアモンにおいてエドが使用。
アニメでは、発動時に5枚以上手札があるプレイヤーは、手札が4枚になるように捨てるという効果もあった。
このカードを使用する事によってアモンの手札にエクゾディアパーツが揃うのを防ごうとした。
だが、アモンは新たな手でエクゾディアを完成させようと試みる。

それにしてもなぜこのカードをエドが使っているのだろうか。エドはアモンがエクゾディアを使っている事を知らなかった上、
このカードはD-HEROとは関係がない。
おそらく、彼の言う運命が、このカードをデッキに入れるように囁いたのだろう。