《デスペラード・マネージャー》

通常魔法
手札が1枚以上ある場合のみ発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。その後、手札から3枚を選んでデッキの上に戻す。

オリジナルカード5期で登場した通常魔法。
効果内容だけ見ると、《カードトレーダー》や《打ち出の小槌》のような手札交換系魔法カードに見えるのだが、
このカードを1枚使い、2枚ドローし3枚を戻すため発動後には手札は2枚減っている事になる。
また、交換するカードは墓地へ送らずデッキに戻すため墓地肥やしやデッキを掘り進む事にもならない。
よって一般的なドロー加速・デッキ廻し要員としての活躍はまず期待する事は出来ない。
(一応、ほぼ条件無しに即座に2枚ドローする事が可能なためどうしても次の2枚に賭けたい・ドローを行いたいという緊急の場合にはドロー目的で使えない事もない)

このカードを活用する場合、3枚をデッキトップに戻す効果を利用していく事になるだろう。
3枚分のデッキトップ操作を自由に行えるカードは少ない。
自分の場に《D-HERO ダイヤモンドガイ》が2体存在する時、手札に余った《メガトン魔導キャノン》と《終わりの始まり》をデッキの1,2番目に置いて確実に効果発動させたり、
手札で腐った通常モンスター3体をトップに戻してから《魔の試着部屋》を発動し一気に特殊召喚を狙ったりと
他のカードとコンボする事で複数枚のデッキトップ操作は強力な効果へ変貌する。
このカードを使う場合、このようにいかに手札3枚をデッキに戻すというデメリットをメリットへと変化させるかが重要となってくると言える。

/バスターモンスターやユベルなど、手札に来るのではなくデッキに眠っていて欲しいモンスターを処理する事にも使える。
ただしそれらを戻しても当然それから3ドロー以内には再び手札に来てしまうため、速やかにその後の対策を考える必要がある。
またデッキに戻したいだけならば《バスター・テレポート》や《カードトレーダー》など、よりアドバンテージを失いにくいカードも他に存在するのでやはりそのためだけに使用するのは難しいだろう。


  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGX3期、万丈目VSアモンにおいて万丈目が使用。手札のおジャマ3体をデッキに戻し、即座に《魔の試着部屋》を使用しそれらを特殊召喚する事で、ドロー加速とおジャマ専用カードの発動条件を満たす世界を兼ねた。