《三月精》

融合モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻1700 /守2500 
「輝ける日の光 サニーミルク」+「静かなる月の光 ルナチャイルド」+「降り注ぐ星の光 スターサファイア」
自分フィールド上に存在する上記のカードを墓地へ送った場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚が可能
(「融合」魔法カードは必要としない)。
1ターンに1度、サイコロを振ることができる。出た目によって以下の効果を得る。
1:このカードの守備力を700ポイントアップさせる。
2:このターン、相手は魔法・罠カードを発動できない。
3:相手の手札と相手フィールド上のセットされたカードを全て確認する。 
4:デッキからカードを1枚ドローする。
5:自分のライフポイントを2000回復する。
6:このカードをエクストラデッキに戻す。

光の三妖精の集合体。ダイスの出た目によってそれぞれの効果を発動する。

召喚条件に関しては、条件さえ満たせば《妖精大戦争》一枚で満たせるため、この手のモンスターの中では比較的容易な部類に入る。とはいえ三妖精の属性がバラバラなこともあり、その条件を満たすのが思いの外困難なので、このカードの召喚に特化するのであれば、多少アドバンテージを犠牲にしてでも強引に条件を満たすなり他にも展開ルートを確保するなり、なにかしらの工夫が必要になるだろう。

肝心の効果は以下のようになる。
  • 守備力上昇。
    • 永続上昇なので大型モンスター対策に一度は発動させておきたいところだがそれ以上は邪魔になってくる。せめて攻撃力も上げられていれば大分使い勝手も違っていたと思われるが守備固め専用効果としてあきらめるしかない。
  • 魔法・罠封じ
    • 安全に攻撃を通すための効果と言えるが自身の攻撃力の低さがネックとなる。他のアタッカーと並べて発動するのが望ましい。性能面はともかくダイスによる不確定さの恩恵を最も受けている効果であるのは間違いない。
  • フィールドと手札の同時ピーピング
    • セットされたカードも確認できるので発動された次点での相手の情報は殆ど丸裸となる。こう書くと強そうだが、相手が大量セットでもしていない限り他のピーピングカードで事足りることも多い。
  • 1枚ドロー
    • これまでのトリッキーな効果から一変して単純明快なアドバンテージ確保。その単純さ故に状況を選ばず狙っていける当たり目だと言える。このカードの働きぶりは破壊されるまでの間にどれだけこの効果を発動できるかに懸かっていると言っても過言ではない。
  • ライフ2000回復
    • こちらも単純明快なライフゲイン。ハンドアドバンテージを稼ぐ4の目と比べると見劣りする物の、直接アドバンテージに結び付く数少ない効果なので、比較的優秀な方だろう。
  • 自身をバウンス
    • ハズレ目。《E・HERO ストーム・ネオス》のような保険ぶっぱなし効果でも持っていればまた変わっていたかもしれないが、生憎《E・HERO カオス・ネオス》リスペクトらしい。

これらの効果群を、様々な状況に対応できる長所と見るか、ダイス依存で不安定な短所と見るかでかなり評価が分かれる。取り敢えず役立つ状況が限定される効果も多いので使いこなすには相当の運と辛抱強さが必要になるのは確かである。
とはいえ大好きな三月精のオリカを使える事に比べれば、その辺は何も問題なしですが!
何事も愛ですよ。愛が無ければ、【三月精】なんて組めない。


効果発動時メッセージ
1 「 サニーミルクが光を屈折させる!
2 「 ルナチャイルドが相手の音を封じる!このターン相手は魔法・罠を発動できない!
3 「 スターサファイアが相手を察知する!
4 「 三月精が面白そうなものを拾った!
5 「 三月精は家で休息を取った!
6 「 いたずらがバレ、三月精は逃げ出した!

  • 原作及び二次創作での扱い―
光の三妖精であるサニールナスターの通称。三精とSUN(日)・月・星の掛詞となっている。
悪戯好きの三人組の妖精で共同生活しながら魔法の森に入った者を惑わせたり、気になる場所へ探検に赴いたりして妖精らしく生活している。
性格は行動派のサニー、心配性のルナ、腹黒いスター、とそれぞれバラバラで趣味も合わないが、相性は抜群である。
能力に関しても
このようにそれぞれの能力が併さり、相乗効果で戦闘向きではないものの事悪戯に関しては凄まじい隠密能力を発揮する。

長らく魔法の森の「果てしなく前から立っている大木」を活動拠点として生活していたが、立地の関係から神社近くの中途半端に祀られて急成長を遂げたミズナラの大木を新居とすることに。八雲紫から弱過ぎとお墨付き?も貰い見事引越しを果たした。



関連カード