※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《水の都のラティアス》

効果モンスター【ポケモン】
星8/炎属性/ドラゴン族/攻 2600/守 2700
手札を一枚捨てる事で、デッキからフィールド魔法1枚を選択し手札に加える事が出来る。
この効果は1ターンに1度しか使えない。
自分のフィールド上に水属性のドラゴン族が表側表示で存在する場合、
このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。
他のカードの効果によってこのカードが墓地から特殊召喚される場合、
自分フィールド上の他のモンスター1体をリリースしなければならない。


《テラ・フォーミング》の効果を持つ最上級ドラゴン族モンスター。【ポケモン】の一体であり関連サポートを受ける事ができる。
最上級ドラゴン族にしてはステータスはそれほど高くないが、攻撃力上昇効果を持っており、フィールド魔法をサーチできるので強化は難しくない。

このモンスターをドラゴン族2体をリリースしてアドバンス召喚し、手札からドラゴン族モンスターを捨てて効果を発動し、《超再生能力》を発動すればエンドフェイズに3枚のドローができる。
《仮面竜》や《巨大ネズミ》から《ウィッシュ・ドラゴン》をリクルートすれば少し楽にこのコンボができる。

攻撃力上昇効果は、《水の都のラティオス》と並べることで真価を発揮する。
ラティアスは3600、ラティオスは3700と脅威の攻撃力となる。
さらに《水の都 アルトマーレ》を発動しておけば、打点3800と3900の魔法、罠カードで破壊されない脅威のモンスターとなる。
しかし2体とも最上級モンスターなので《死皇帝の陵墓》等を使わない限りは並べるのは難しい。
だが《エンジェルリフト》や《リミット・リバース》や《D・D・R》を使って《ウィッシュ・ドラゴン》を特殊召喚し、効果を発動させれば容易にアドバンス召喚が可能になる。
アドバンス召喚主体にするならば、手札が尽きないように《冥界の宝札》や《秘密の庭》を発動するようにしよう。

《タイラント・ドラゴン》や《水の都のラティオス》と同じく、墓地から特殊召喚される場合には1体のリリースが必要なので気をつけよう。
《タイラント・ドラゴン》と違って特に種族に指定はない。
しかし自分の墓地のこのカードに対して相手が《死者蘇生》を使いにくいという利点でもある。
《黄泉ガエル》、《ダンディ・ライオン》や《ウィッシュ・ドラゴン》のトークンをリリースすれば無駄が少ない。
しかし《黄泉ガエル》はフィールド魔法と相性が悪いので気をつけよう。

専用サポートとして《こころのしずく》《水の都 アルトマーレ》《秘密の庭》が存在する。
サーチと破壊耐性付与と、どちらもなかなかの性能を持っているので《水の都のラティアス》とともに専用デッキを作るのも容易いだろう。



  • 補足
かわいい。もふもふしてる。

攻撃名は 「ミストボール!」

  • 原作・アニメにおいて―~
映画ポケットモンスター「水の都の護神 ラティアスとラティオス」に登場。とてもかわいい。
「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」のオープニングにも登場してるが本編では登場していない。残念でならない。
しかし「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」のスペシャルで登場。脅威の耐久と脅威の自己再生でドサイドンの猛攻に耐え、ドサイドンを倒した。とてもかわいかった。



関連カード