※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《奇跡の瞬間》

通常罠
自分フィールド上の「漆黒の豹戦士パンサーウォリアー」が戦闘で破壊され墓地へ送られた時発動できる。
手札・デッキから「褐色のウォリアー」1体を特殊召喚する。

咲夜オリジナルカード第五期で登場した、《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》が戦闘破壊されたときに
《褐色のウォリアー》をリクルートする通常罠。
《褐色のウォリアー》はこのカードの効果によってのみ特殊召喚できる条件召喚モンスターである。

対象となる《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》は召喚しやすいとはいえ種族に恵まれず、半端なデメリットアタッカーとしての高ステータスを持つため
サーチを行うのは難しい。あまりこのカードを発動するためだけのデッキ構築は避け、
【獣戦士族】に《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》とこのカードをいくらか採用するぐらいで十分に活躍できるだろう。

対象となる《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》の攻守は2000/1600であり、裏側守備表示で戦闘破壊を待つにしても微妙な固さを持っている。
様子見に攻撃力1600の準アタッカー、1400のリクルーターに攻撃されることもしばしばあるので守備表示にしていたパンサーが怪しまれる可能性も出てくる。
あからさまにこのカードを発動を優先させず《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》は攻撃表示にして相手の攻撃を待つのも手である。
相手が上級モンスターを召喚したり戦闘補助を使ってカードを浪費してくれれば儲けもの。不幸中の幸いか《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》の
デメリット効果のため、除去罠を警戒して攻撃表示のまま突っ立っていても相手にはちっとも不自然には見えない。
咲夜の環境ではそれほど除去カードが飛んでくることはないのでこれら2枚のカードを出しておくだけでもそれなりの安心感はある。

とはいえ、汎用性の低い《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》が場にいるだけで相手がこのカードが伏せているのを気づく可能性も皆無ではない。
読まれていれば伏せカードから先に破壊する、もしくは攻撃力2000以上のモンスター2体以上で攻撃するなど。相手のプレイングの範囲でこのカードは
紙となり、デッキの《褐色のウォリアー》ごと腐ってしまうこととなる。これら2つの要因を最小限にとどめてくれる《セキュリティー・ボール》との
相性はいいが、相手のモンスターがいない状況で《大嵐》を食らう可能性もほぼ全てのデッキの対戦を通じて警戒する必要があるので注意。

サーチの難しい2枚のカード、さらには条件召喚モンスターも用意する必要もあるのでカードが揃うまで事故になるのはしかたがない。
だがリクルート先の《褐色のウォリアー》はその苦労を補ってあまりある活躍をしてくれる可能性を秘めた奇跡のカードである。
《褐色のウォリアー》については該当ページを参照。

《道連れ》などの類似カードにもいえることだがどのチェーンにチェックをしなくてもすむため、気分的に無駄なロスをせずにすむ。
同じ自動チェーンでも《マジカルシルクハット》とは違い、発動するタイミングは必然的に一回きりとなるため
あまり相手の行動を阻害しなくてもいいのはらくちん。
カード自体の性能の話ではなく気分的な問題ではあるが心に余裕を持つことはデュエリストにとっては大切なことである。

  • 原作・アニメにおいて―~
「天城院明日香VS天城院吹雪」にて吹雪が使用。原作では「獣戦士族モンスターの直接攻撃を可能にする《運命の導き》を装備した
《漆黒の豹戦士パンサーウォリアー》が戦闘破壊された時」といった、今より効果発動がさらに難しくなる性能であった。
このカードにより《褐色のウォリアー》の召喚に成功するのだが……


関連カード