《ラス・オブ・ガイア》

通常罠
自分の場の「ガイア」と名のついたレベル5以上のモンスターが相手モンスターと戦闘を行う時の戦闘ダメージ計算時に発動できる。
エンドフェイズまで自分の攻撃モンスターの攻撃力は、自分の墓地に存在する戦士族モンスターの数×300ポイントアップする。
また、守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。


昨夜さんCGI第五期に登場した通常罠。
誰もが予想し得なかっただろう、まさかのガイアサポートカードである。
対象の「ガイア」へ墓地に依存する攻撃力増強効果と、守備表示モンスターに対する貫通効果を付与する。

『レベル5以上の「ガイア」と名の付くモンスター』と対象は非常に限られている。
加えて、攻撃力増強効果は墓地に戦士族モンスターが存在しなければ意味が無いため、《収縮》《突進》等と比べると安定性に欠く。
しかし、その上昇率は戦士族モンスター一枚に付き300ポイントと決して悪くない。
たった二枚で600と《突進》に並び、8枚落ちれば2400と帝モンスター級のビルドアップも可能となる。

即効性に欠く罠カードである点が悩みどころだが、コンバットトリックによって相手に予想外の一撃を与えられる点、
相手が守備を固めた際にも貫通効果によってダメージを与えられる点から、『奇襲』としての爆発力はすこぶる高い。
まさしく『憤怒』の名に恥じない、良くも悪くも攻撃一辺倒なカードと言えよう。

事故率の上昇は否めないものの、対象となるカードを複数回に渡って召喚できるデッキならば、一枚挿してみるのも一興だろうか。


  • その他―~
名前のネタ元は《E・HERO ネオス》の必殺技カード《ラス・オブ・ネオス》だと思われる。
しかしながら、このカードと《ラス・オブ・ネオス》には名前以外に類似する点は一切無い。
管理人の遊び心だろうが、あるいは主役を張り続け、多くのサポートを持つネオスに対するガイアの怒りと取れなくも無い。多分。