※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《メタモルポット》の略称。
お互いの手札を充実させる事で、互いのデッキの見せ味を存分に発揮しやすくなるため、
ファンデッキやテーマデッキを使ったリスペクトデュエルを好む当CGIデュエリストの多くに愛用されている一品。

《大嵐》が来るかもしれないというのに突如相手が大量に魔法・罠とモンスターをセットしたらこのカードを警戒しよう。
バレバレのこのプレイングに対して敢えて乗る事で互いの更なる満足なデュエルを引き出そうとする猛者も多い。

また先攻1ターン目に攻撃抑止の伏せカード1枚とこのカードのみをセットしてメタポを悟らせず、
相手が警戒せず守備で出したり、召喚→攻撃してきたモンスターを伏せカードで止めた次の自分ターン、
手持ちの魔法・罠を一気に伏せこのカードをリバース、大幅なアドバンテージを稼ぐいわゆる「初手メタポ」の戦術も存在する。

軒並み規制される傾向にある大量ドロー系カードの最後の砦ともいえるこのカードを使って皆も互いに満足できるデュエルを目指そう。