※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アクエリオンマーズ》

効果モンスター
星6/炎属性/雷族/攻2300/守1800
このカードに乗っているエレメントカウンターを1つ取り除く事で、
炎属性の「新記敷器」と名のつくモンスター1枚をエクストラデッキから墓地へ送る事が出来る。
この効果は1ターンに1度のみ使用できる。
このカードの攻撃力は、フィールド上に存在するエレメントカウンターの数×100ポイントアップする。 


咲夜さんオリカ第四期に登場した炎属性・雷族の上級モンスター。
エクストラデッキから対応する新記敷器を墓地へ送る起動効果と、エレメントカウンターの数に比例する攻撃力上昇効果を持つ。

ステータスだけを見れば上級モンスターの基準値である2400に達しておらず、やや力不足な印象。
しかし、数ある新記敷器の中でも一際光る性能を持つ《新記敷器・衛星軌道連蹴》を備え、
ひとたびカウンターが乗ってしまえば上級はおろか、並みの最上級モンスターすら凌駕する高攻撃力を得る可能性を秘める。
「炎属性と言えばバーン」というイメージを覆し、優秀な戦闘補助効果を持つ新記敷器を多く備える。

ビートダウン能力の高さが目立つ一方で、扱いの難しいトリッキーな新記敷器を持つ事も特徴。
だが、デッキスロットに悩まされる【アクエリオン】においては、その特徴を活かした構築は難しい。
とはいえ、前途の通り単純な攻撃力においては《ソーラーアクエリオン》すら凌駕し得るため、そこは割り切ってしまうのも手。
場合によってはこのカードのみで場を制圧出来るかもしれないという爆発力こそが最大の魅力と言えよう。

専用のベクターマシンである《ベクターマーズ》が《UFOタートル》に対応する事から、専用の【炎属性】を組むのも一興。
専用デッキであれば《神鳴り》によるサーチと《石油採掘》によるサルベージを活かせるため、合体の機会を増やす事も容易となるだろう。
アクエリオン随一の多彩にして多芸な新記敷器を活かす事が出来るかは決闘者次第である。


  • 対応する新記敷器一覧-


モンスター除去……《新記敷器・失恋速攻》

モンスター効果無効……《新記敷機・放天戟乱》


ピーピング……《新記敷器・念写一眼》




通常攻撃は 「スプリットセイバー!」

  • 原作・アニメにおいて-
ベクターマーズをヘッドに三機のベクターマシンが合体したアクエリオン。
3形態の中でも一番足が長く、機動性も高い。主にピエール・シリウスがヘッドを務める。
ソーラーほどではないにしろその出番は多く、最大の見せ場(?)である15話「初恋のアクエリオン」では凄まじいインパクトを視聴者に与えた。