※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《エルフの女王 タイタニア》

効果モンスター
星8/地属性/魔法使い族/攻2800/守2600
このカードは「エルフ」と名のついたモンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。
自分フィールド上に表側表示で存在する「エルフ」と名のついたモンスター1体をリリースして発動する。
フィールド上に存在するカードを対象にする魔法・罠・効果モンスターの発動を無効にし破壊する。 

咲夜さんオリジナルカード第六期に登場した地属性・魔法使い族の最上級モンスター。
「エルフ」と名の付いたモンスターによって自身のアドバンス召喚のリリースを軽減する召喚ルール効果と、
「エルフ」と名の付いたモンスターをリリースすることで対象をとるカードの発動を無効にし、破壊する誘発即時効果を持つ。
女王の名は伊達では無く、高い能力を持ったエルフの一体にして切り札である。

高いステータスと二つの魅力的な効果を持つが、その使用にはいずれも『「エルフ」と名の付くモンスター』を必要とする。
一応《ディメンション・マジック》に対応し、このカード自身をリリースすることも出来るので【魔法使い族】での単体起用も不可能ではない。
だが、魔法使い族の最上級モンスターにはこのカードと同じ攻撃力を持ち、有用な効果を備えた《氷の女王》が既に存在する。
《トゥーンのもくじ》の最終サーチ先として《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》を投入している……程度のデッキでは腐ること山の如しである。

要するにデッキ内のほぼ全てのモンスターをエルフで固めた【エルフ】を組めという事だ。
生贄には《ホーリーエルフ》や《翻弄するエルフの剣士》などが適役か。
打点に不安のあるエルフ達の中でこのステータス・効果は頭一つと言わず抜きん出ており、非常に頼もしい。
さながらエルフ版《椿姫ティタニアル》かを思わせるが、過信は禁物である。

エルフ達は蘇生や展開能力に特別に優れているわけでも無く、個々の繋がりも非常に薄い。
後半の効果を使おうにも、隣にエルフを並べることが出来ない場面も多々あるだろう。
魔法・罠によるフォローは欠かせず、常に丁寧な扱いが求められる。
いっそ《ヂェミナイ・エルフ》《エンシェント・エルフ》《ホーリー・エルフ》といった、
通常モンスターであり蘇生・サルベージの容易なエルフ達とこのカードのみでデッキを構築するのも一興か。

総じて他のエルフ達と同じく、汎用性といったものはあまり期待出来ない。
しかし、それらをも含めて【エルフ】を構築する意義を確かに与えてくれたカードであると言える。


  • その他・元ネタ
シェイクスピアの戯曲「夏の夜の夢」に登場する妖精の女王。
タイタニアは読みの違いによってティターニア、ティタニアルとも。
このためか《椿姫ティタニアル》とはほぼ同じステータスと効果を持つ。