《水鏡ユミルの森》

フィールド魔法
フィールドに存在する「エルフ」と名のついたモンスターの攻撃力・守備力は300ポイントアップする。
1ターンに1度、自分フィールドに存在する地属性モンスター1体をリリースする事で
手札から「エルフ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。 


咲夜さんオリジナルカード第六期に登場したフィールド魔法カード。
エルフ」の攻撃力・守備力を300ポイントアップさせる効果と、
自分フィールド上に存在する地属性モンスターを、手札のエルフに変換する効果を持つ。

その効果の適用範囲は極めて限定的だが、それ故に相手に利用される事は少ない。
そして『「エルフ」と名の付いたモンスター達』を並べてみると、その属性のバラつきぶりに気付く。
ビートダウン志向のプレイヤーが好むリクルーターの採用はおろか、低い打点の一括強化すら難しかったのだ。
このカードのおかげで打点の低さはかなり解消され、また【エルフ】を組む意義も増えたと言える。
300ポイントと言うと低く聞こえるが、《ヂェミナイ・エルフ》が《サイバー・ドラゴン》に打ち勝てるようになったと考えれば十分だろう。

また、守備力が上昇する点も見逃せない。
OCGの既存エルフはともかく、咲夜さんオリジナルエルフ達は攻撃力・守備力の両面において地味に高水準。
特に《エルフの女王 タイタニア》はこのカードが発動されれば攻守において全く隙の無い能力値を得られる。

そして後半の、フィールド魔法にしては珍しい特殊召喚効果。
《エルフの女王 タイタニア》以外のエルフ達が全て下級モンスターである上、
《エルフの女王 タイタニア》自身がリリース軽減効果を持つため多くの場合において必要となる場面は少ない。

しかし、【エルフ】のメインアタッカーを張るであろう《ヂェミナイ・エルフ》の召喚から、
速攻で《エルフの女王 タイタニア》へ繋げられる点は評価出来る。
このカードと合わせて都合三枚の手札を消費する事になるが、アドバンテージよりも速度が求められる場面に対応出来るのは大きな強みと言えよう。

打点の低さに悩まされていたエルフ達にとっては《エルフの女王 タイタニア》と並んで革命的なカード。
【エルフ】を組む際には是非とも三枚積みしておきたい、優秀なサポートカードである。


  • 《BF-漆黒のエルフェン》も地味に強化・特殊召喚の対象になる。
対【BF】戦では羊トークン辺りをリリースされて特殊召喚効果を使用される危険がある・・・かもしれない。


  • その他・元ネタ
家庭用ゲーム「テイルズ オブ ファンタジア」及び「テイルズ オブ シンフォニア」に登場する地名。
この森にはエルフの隠れ里が存在しており、異端なる者を寄せ付けないようになっている。
SFC版「テイルズオブファンタジア」ではここだけバランスを間違えたかのように凶悪な難易度を誇っていた。