《歪みの魔女 シュメール》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 1000 守 1800
1ターンに1度、自分のメインフェイズに次のどちらかの効果を発動する事ができる。
●自分フィールドに表側表示で存在する「人形」と名のついたモンスター1体の攻撃力を、エンドフェイズまで1000ポイントアップする。
●自分の墓地に存在する「人形」と名のついたモンスター2枚をデッキに戻す事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする

オリジナルカード6期で実装された闇属性・魔法使い族の下級モンスター。
1ターンに1度、自分の人形を対象とする起動効果を2つのうちから選択して発動できる。

第一の効果は《ラッコアラ》と似たもので、自分の人形の攻撃力をターン中のみ強化できる。
上昇幅は1000ポイントとなかなか大きいため、攻撃力がそれなりにある人形を選択するか、このカードを複数枚並べて
効果を発動する事でかなり有効な攻撃力が得られる。しかし人形には攻撃力1000にも満たないモンスターも多いため、
それらに使っても下級アタッカークラスの攻撃力さえ得られない場合もあり、発動さえできれば良いというものではない。
主な対象は《人形遣い アリス・マーガトロイド》《首吊り蓬莱人形》、《魔法の操り人形》あたりだろうか。
どれも自身の効果で攻撃力アップが見込めるモンスターであるため、併せて発動すれば最上級モンスターにも当たり負けないパワーを得られるだろう。

第二の効果は墓地の人形をデッキに戻し1枚ドローできるというもの。
ハンド・ボードアドバンテージを失わずその場でドローできる効果は優秀であり、墓地が十分に肥えているようならば積極的に狙っていきたい。
しかし人形では低ステータスを活かした《リミット・リバース》による蘇生戦術も有効であり、
この効果によりデッキに戻してしまうとそういった戦術とは噛み合わなくなってしまう点には注意が必要。

闇属性・魔法使い族・攻撃力1000と、各種サーチ・リクルート等に対応する恵まれたステータスを持つ。
【人形】デッキで有効な働きを見せる《リミット・リバース》にギリギリ対応している点も嬉しい。
《地獄の暴走召喚》とのコンボで、このカードを3体並べ一気に効果を使うのも良いだろう。
しかしこのカードの効果を使うには当然表側表示でなければならず、攻撃表示で通常召喚すると返しのターンで戦闘破壊はまず免れない。
まず守備表示でセットし相手が攻撃してくれるのを待つか、リクルーターからの特殊召喚から効果発動を狙うなどの工夫が欲しいところ。
また、このカード自身は人形と名が付かない点がネック。【人形】は主となるモンスター達の弱体ステータスにより、
専用サポートカードを多量に投入する場合も多く、その場合このカードは一人その効果を受けられずあぶれてしまう事となる。
《和睦の使者》など汎用性のある戦闘補助カードで守ってやるか、返しのターンに破壊されるのを承知で瞬発力を重視するかは組み手次第である。

いずれにせよ、優秀な二つの効果とステータスを持った下級モンスターである事に間違いはなく、
【人形】に新たな戦略を提案してくれる1枚だと言えるだろう。

上昇効果発動時メッセージ「造物主の力!《モンスター》の攻撃力1000ポイントアップ!」

  • 元ネタにおいて
オンラインカードゲーム「アルテイル」に登場するカードの1枚。
最高クラスのレアリティを持ち非常に入手し辛いにも関わらず(だからこそ?)カード人気投票でも常にトップに食い込む人気カードである。
戦闘用魔法少女を生み出した天才錬金術師。黒猫『フェルアン』の友人で、彼女と共に因果律の研究をしていたが、とある実験を境に少女型ゴーレムの作製へと興味が変わる。見た目では解らないのだが、感情の起伏が激しく、異様な精神状態で会話を行う。


原作でのカード効果は以下の通り。

PB-016
名前:歪みの魔女『シュメール』(DollMaster/Sumer)
神族:ローティア
Lv2 HP30 LP1
AT0 DF0 AGI2 RNG1
カードタイプ:ネームド(アンノウン/師匠級魔術師)
レアリティ:☆☆☆☆☆


【スタートスキル】造物主の力 sp0
[カードタイプ:戦闘用魔法少女]の自軍ユニットをこのターンの間[AT+:10/AGI+:1]する。


【アクションスキル】完全修復 sp1
[カードタイプ:戦闘用魔法少女]の自軍ユニットから1体選び[HP:完全回復]する。


【アクションスキル】母なる存在 sp0
プレイヤーの[セメタリー]から[カードタイプ:戦闘用魔法少女]の[カード]をランダムで1枚選び[ファイル]に戻す。


【ソウルスキル】人形達の悲しみ sp0
[カードタイプ:戦闘用魔法少女]の自軍ユニットを[AT+:10/AGI+:1]する。



関連カード