※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《二拝二拍一拝》

通常魔法
自分フィールドにレベル7以上の風属性モンスターが存在する場合のみ発動する事ができる。
自分のデッキまたは墓地から、攻撃力3000以上の「神」と名のついたモンスター、または
「神」と名のついた儀式魔法カード1枚を手札に加える。 

「神」関連カード限定サーチ・サルベージカード。

呼び出せるカードは以下のように多岐に渡るのだが、
このカード自身の条件である「レベル7以上の風属性モンスター」とのシナジーの薄いものが多い。
汎用的なものは《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《神獣王バルバロス》程度だろう。
やはりここは原作通り【風神録】に投入し再度召喚状態の《祀られる風の人間 東風谷早苗》《山の新人神様 東風谷早苗》から《山坂と湖の権化 八坂神奈子》《土着神の頂点 洩矢諏訪子》《神風を喚ぶ星の儀式》のサーチを狙っていくべきだろう。
また、《スターダスト・ドラゴン》《ミスト・ウォーム》などのシンクロモンスターを用いることでデッキに最上級を入れることなく条件を満たすことも可能である。
基本的にはデッキ圧縮の観点からサーチを行った方がいいが、《山坂と湖の権化 八坂神奈子》は儀式以外での特殊召喚ができないため、墓地に置いていてもあまり意味がない。《マンジュ・ゴッド》や《あヽ風の神よ、神湖の地に》といったデッキからのサーチカードを採用している場合はサルベージを優先すべきだろう。


  • このカードでサーチ・サルベージできるカード一覧
《熱かい悩む神の火 霊烏路空》(墓地からのみ)
《オベリスクの巨神兵》
《邪神ドレッド・ルート》
《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》
《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》
《闇の守護神-ダーク・ガーディアン》
《山坂と湖の権化 八坂神奈子》
《土着神の頂点 洩矢諏訪子》
《黒の魔法神官》
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
《神獣王バルバロス》
《闇の神-ダークゴッド》
《式神・八雲藍》
《地縛神 Ccapac Apu》
《魔轟神レヴュアタン》(墓地からのみ)

《神風を喚ぶ星の儀式》
《大邪神の儀式》

  • 原作・アニメにおいて―
東方風神録における諏訪子の第一スペル、開宴「二拝二拍一拝」。
このカードで神を手札に加える事で、文字通り「開宴」という事だろう。


  • 神話・伝承において―
「二拝二拍一拝」とは、「二礼二拍一礼」「二拝二拍手一拝」等とも呼ばれる、神社拝礼の作法。
「拝」とは腰を90度まで曲げる丁寧なお辞儀、「拍」は拍手をパンと打つことで、
「拝」2回→「拍」2回→「拝」1回と続けることを指す。
神社によっては四拍だったり六拍だったり八拍だったりと結構いい加減(?)

関連カード