《妖怪 手長足長》

効果モンスター
星5/水属性/水族/攻2200/守2200
このカードの特殊召喚に成功した時、デッキから守備力2500以上の水属性モンスター1 枚を手札に加える事ができる。
このカードがフィールドに存在する限り、相手は自分の場の「妖怪 手長足長」以外の表側表示のモンスターを攻撃対象に選択できない。

オリジナルカード6期で登場した水属性・水族の上級モンスター。
特殊召喚に成功した時デッキから水属性モンスターをサーチする誘発効果と、他のモンスターを攻撃から守る永続効果を持つ。

二つ目の効果はこのカード以外のあらゆるモンスターを守ってくれるが、このカード自身が半上級クラスのステータスしか持っていないため
安全性はさほど高くはない。このカードで場を安全に保つというよりは、後述の《山の新人神様 東風谷早苗》を真っ先に狙わせないなど、
相手の戦闘のテンポを崩すための効果と見ておいた方が良いだろう。

このカードの肝となるのは一つ目の効果となるだろう。かなり対象を限定されているが、サーチの難しい最上級クラスのモンスターを即座に手札に加えアドバンテージを得られる優秀な効果。
しかしこのカード自身は上級のボーダーに届かない、今ひとつのステータスしか持っていないため、貴重な特殊召喚用カードを使用するとなると
うまみを得るのが難しくなってしまう。
《山の新人神様 東風谷早苗》の守備表示の時の効果とは非常に相性が良い。
1ターンに1度、手札からレベル5以下の水属性モンスターを特殊召喚できるこの効果は、まさにこのカードにうってつけ。
《山の新人神様 東風谷早苗》の効果で手札のこのカードを特殊召喚し、このカードの効果で《土着神の頂点 洩矢諏訪子》をサーチ。
デュアルによりレベル7となった風属性《山の新人神様 東風谷早苗》とレベル5の水属性のこのカードをリリースする事で、
今手札に加えた《土着神の頂点 洩矢諏訪子》を即座に特殊召喚可能、と非常にスマートな流れになる。

その他サーチ対象として《月の姫 蓬莱山輝夜》など、有用な最上級モンスターも散見されるので、
特殊召喚手段を工夫した水属性や妖怪などのデッキに投入してみると働けるかもしれない。


  • 元ネタにおいて
異常に長い手と足を持った巨人。悪事を働き人々を困らせていたが、慈覚大師に懲らしめられ降参したと言われる。
また、手長足長は諏訪明神の家来ともされており、手長神社・足長神社がそれぞれ存在する。

東方風神録においては、これにちなんでか《土着神の頂点 洩矢諏訪子》が『土着神「手長足長さま」』というスペルカードを使用してくる。
このカードが《土着神の頂点 洩矢諏訪子》と非常に相性が良いよう設計されているのも、これによるものなのだろう。