《妖怪 件》

効果モンスター
星6/闇属性/獣族/攻 2500/守 1500
このカードはコントローラーのエンドフェイズに破壊される。
1ターンに1度、相手フィールドに表側表示で存在するカード1枚を選択する事ができる。 
この効果によって選択されたカードは、そのカードのコントローラーのエンドフェイズに墓地へ送られる。 


オリジナルカード6期で登場した闇属性・獣族の上級モンスター。
エンドフェイズに自壊する効果と、相手のカード1枚をエンドフェイズに墓地へ送る起動効果を持つ。

妖怪の中では非常に高い方である2500の攻撃力と、タイムラグがあるものの相手のカードを破壊もせず墓地へ送る効果は強力。
しかしリリースの必要な上級モンスターでありながら問答無用で自壊するデメリットは厳しく、取り扱いの難しいピーキーなモンスターである。

基本的に起動効果は、当然相手の強力モンスターや厄介な永続系魔法・罠に使用する事になるだろうが
相手ターンのエンドフェイズにならなければ墓地行きにはならないというタイムラグには十分注意したい。
早急に対処しなければならない大型モンスターが相手の場合、このカード自身がエンドフェイズに自壊する事もあって
壁が失われてしまうため、相手のエンドフェイズを待たずしてゲームエンドさせられてしまう可能性も十分にあるのだ。

しかしそれを越えられれば、墓地に送るという非常に対処しづらい効果のため大概のカードは処理できる。
《ネオス・ワイズマン》だろうが《八卦衆 天のゼオライマー》だろうが墓地送りにしてやれる。
破壊耐性を持つ魔法・罠、《虹の古代都市-レインボー・ルイン》などをバウンスでなく完全に処理できる数少ないカードともなる。

とはいえ自壊する上級モンスターを出してリターンが1枚の確実な除去、だけではまだ割に合わないとも言える。
このカードの高い攻撃力を生かし、バトルによってもう1つアドバンテージを得ておきたい。
起動効果を使用した後、レベルが6である事を生かし、《妖怪 ケサランパサラン》とともに《妖怪 鵺》のシンクロ召喚に繋げるのも実戦的だろう。《妖怪 鵺》の効果で即座にこのカードを蘇生すれば、効果が無効化されるため2500のモンスターだけが残る。


  • 《もののけの巣くう祠》との相性が良い。このカードが自壊するために場が空き、確実にこのカードが墓地に存在する事になるためである。《もののけの巣くう祠》でこのカードを蘇生し再び自分のターンに動けるならば、さらにアドバンテージを稼げるだろう。


  • 神話・伝承において
件(くだん)は、古くから日本各地で知られる妖怪。「件」の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。
その姿は、古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。
幕末頃に最も広まった伝承では、牛から生まれ、人間の言葉を話すとされている。生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされている。また件の絵姿は厄除招福の護符になると言う。
別の伝承では、必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ、とする話もある。また歴史に残る大凶事の前兆として生まれ、数々の予言をし、凶事が終われば死ぬ、とする説もある。また、雄の件の予言は必ず当たるが、雌の件がその予言の回避方法を教えてくれるなどの異説がある。
江戸時代から昭和まで、西日本を中心に日本各地で一種の都市伝説として様々な目撃談がある。

生まれてすぐに死ぬが、危険な予言を残し、それが現実となる流れがCGI上の効果でも再現されている。

FAQ

Q.相手ターンのエンドフェイズにこのカードの効果で指定したカードが墓地へ送られるとき、このカードが場に存在しなくても効果は発動しますか?
A.はい、その場合でも発動します。

Q.《亜空間物質転送装置》でこのカードを除外した場合、エンドフェイズに破壊されますか?
A.いいえ、破壊されません。

Q.このカードの効果で指定したカードがエンドフェイズまでに一度場を離れたり裏側表示になった場合墓地送り効果は発動しますか?
A.いいえ、関係性が切れるため墓地には送られません。