《氷結のフィッツジェラルド》

ダークシンクロモンスター
星5/水属性/悪魔族/攻2500 /守2500
「DT」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体
このカードを特殊召喚する為には、自分フィールド上に存在する「DT」と名のついたチューナーのレベルから、
それ以外の自分フィールド上に存在するモンスター1体のレベルを引き、その数字がこのカードのレベルと等しくならなければならない。
このカードが攻撃する時、相手はダメージステップ終了まで魔法・罠を発動できない。
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、戦闘によって破壊されたこのカードを守備表示で特殊召喚することができる。
バトルフェイズ終了時、このカードを攻撃したモンスターを全て破壊する。


 攻撃時に相手の魔法・罠の発動を封じる能力と戦闘破壊された時に自身を墓地から特殊召喚する能力、バトルフェイズ終了時にこのカードを攻撃したモンスターを全て破壊する能力を持つダークシンクロモンスター。
 攻撃力はそれなりに高く、攻撃時の魔法・罠封殺能力で安心して攻める事が出来るだろう。
 このカードの目玉である自己再生能力とこのカードを攻撃したモンスターを全滅させる能力は、自分フィールドにこのカード以外のモンスターがいると発動出来ない。その為、このカードの真価を発揮するのであれば他のモンスターを展開するのは出来るだけ避けるべきである。
 その性質上、スピリットモンスターとは相性が良い。特に相性が良いのは《阿修羅》で、エンドフェイズに手札に戻るのでこのカードの能力を邪魔する事無く、相手フィールドの雑魚モンスターを一掃出来る。また、《竜宮之姫》で敵の守備モンスターを強制的に攻撃表示に変えてしまうのもいいかもしれない。
 戦闘に関してはかなりの強さを誇るが、実質的な効果耐性は何も持っていないので相手ターンでの除去には注意すべきである。同じく戦闘に関する効果を持つダークシンクロモンスターである《猿魔王ゼーマン》とは相互互換の関係にあると言える。出し易さはあちらが上だが、こちらはあちらと違ってコストを必要としない為一長一短であると言える。


  • 原作・アニメにおいて―~

 ダークシグナー編で最初に登場したダークシンクロモンスター。《DT・カタストローグ》《ブリザード・リザード》を素材として召喚された。その能力で遊星を苦しめたが、自己再生能力を利用され《ニトロ・ウォリアー》の袋叩きにされて敗北する事となった。