《魂の結束-ソウル・ユニオン》

通常罠
自分フィールドに表側表示で存在する「E・HERO」と名のついたモンスターが攻撃対象に選択された時発動できる。
自分の墓地に存在する「E・HERO」と名のついたモンスター1体を選択する。
自分フィールドに表側表示で存在する「E・HERO」と名のついたモンスター1体の攻撃力は、
エンドフェイズまで、選択した墓地のモンスターの攻撃力分アップする。 

E・HERO専用のコンバットトリック罠カード。
似た性質を持つ《イージーチューニング》と比べると
  • 選択した墓地のモンスターを除外しなくてよい。
  • 《E・HERO エッジマン》や融合モンスターなどの最上級モンスター分の攻撃力を得られることもある。
  • 通常罠であること、相手の攻撃宣言が発動条件となるため能動的に使えない。
  • ダメージステップで使えないため、エネコン和睦などで回避されうる。(実戦にて確認)
  • 効果持続時間はエンドフェイズまで。1ターンのみのカウンターカードにしかならない。

一長一短はあるものの【E・HERO】においての戦闘補助カードとしてはまあまあの汎用性を持つ。
融合によってアタッカーのE・HEROを墓地に送ることは容易なので序盤においても役に立つだろう。

《E・HERO フレイム・ウィングマン》とのコンボで強烈な火力をたたきだせる。
攻めにおける《摩天楼-スカイスクレイパー-》との対となる守りの戦闘補助として、相手に多大なプレッシャーをかけることができる。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおいて十代が使用。
「十代VSカイザー亮」戦では《E・HERO ワイルドジャギーマン》が攻撃された時に使用。
墓地の《E・HERO エッジマン》の攻撃力2600を加算し、更に《非常食》でこのカードを墓地に送ることで、
《パワー・ボンド》の効果で攻撃力8000となった《サイバー・エンド・ドラゴン》の攻撃をなんとか凌いだ。
「十代VSミスターT」戦(2回目)では《E・HERO ネオス》が攻撃された際に使用。
墓地の《E・HERO マッドボールマン》の攻撃力1900を加算し、《メテオ・ブラック・ドラゴン》の攻撃を返り討ちにした。