※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《鎮魂の決闘》

速攻魔法
バトルフェイズにのみ発動することができる。このターン戦闘で破壊されたモンスターがお互いの墓地に存在するとき、
お互いにそのモンスターの中から1体ずつ選択し特殊召喚することができる。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

お互いの墓地に戦闘破壊されたターンのバトルフェイズに発動可能な速攻魔法。
恐らくは相打ちが発生したときが狙い目。とはいえ蘇生したモンスターの使い道が判然としない。

リクルーター同士の相打ち(通称リクル戦争)の合間に発動するのも一興。なんてっか悲惨。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおいて十代が使用。
《暗黒界の魔神 レイン》と相打ちした《 E・HERO ネオス》を蘇生し、再度《暗黒界の魔神 レイン》を倒そうとする。
明らかに戦術的に意味の無い行動ではあるが、仲間たちを犠牲にして生まれたモンスターをただでは許せないといった怒りを存分に表現していた。
《暗黒界に続く結界通路》の誓約効果を意図しているとは思えない。