《白騎士団のソードマン(ホワイトナイツソードマン)》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1200 /守1200 
このカードはデッキからの特殊召喚は出来ない。
このカードが墓地に存在するとき、フィールド上の「白騎士団の」と名の付くモンスターの攻撃力は300ポイントアップする。 

白騎士団版の《幻獣クロスウィング》。マイナーな獣戦士族からサーチのしやすい戦士族に変更された代わりに、
デッキからリクルートされない誓約が付いてしまった。人知れず《増援》制限化の被害を受けているカードでもある。

また、咲夜さんCGIにおいては《幻獣召喚師 リディア》が存在してしまっているため、
墓地に送られる速さで勝ることが難しいのも残念なところ。
効果自体は除去されることが少ない全体強化効果なのでめげずに頑張りたい。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおいて万丈目ホワイトサンダーが使用。
「万丈目VSゲルゴ」戦では装備魔法《ヘル・ガントレット》の効果のコストでフィールドから墓地に送られ、
《白騎士団のランサー》の攻撃力アップと2回攻撃を同時に付与した。
「十代VS万丈目ホワイトサンダー」戦では先攻1ターン目に召喚され、
次のターン十代の《E・HERO スパークマン》に戦闘破壊される。
更に《死者への手向け》のコストでもう1枚墓地に捨てられ、《白騎士団のランサー》の攻撃力を大きく増やした。
その後1枚は罠カード《封印の扉》の効果で除外されるが、もう1枚は《白騎士団のロード》の攻撃力上昇に貢献した。



関連項目