《B-2 クワガターボ》

ユニオン・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1500 /守1800 
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分の「B-1 カブトップ」に装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で装備カード扱いになっている時のみ、
装備モンスターの攻撃力・守備力は600ポイントアップする。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、代わりにこのカードを破壊する。) 

《B-1 カブトップ》の装備カードとなれるユニオンモンスター。
合体したカブトップの攻守は2200/2000となり、下級モンスター同士の戦闘なら結構無敵になれる。はず。なんだけど。

類似したユニオンモンスターである《XYZ-ドラゴン・キャノン》系列の素材モンスターと比べると
  • ユニオンモンスターの守備力が高く、サポートなしでのユニオンも望みやすい。
  • サーチリクルートの難しい《B-1 カブトップ》がいないと合体することができず、ただただ守備のまま蹲ることしかできなくなる。
 つまりは《B-3 スパイダーベース》とのユニオン・融合ができない点が痛い。

リクルーターではあちらが《シャインエンジェル》を使うのに対してこちらは《巨大ネズミ》を使うことができる。
展開能力では互角。単体での戦闘力は《B-1 カブトップ》除いてこちらが上。場に出したモンスターの活用などの利便性においてはあちらのほうが上。
といったところか。原作での登場が少ないため、合体モンスターの絶対数が少なく、臨機応変に場に応じてユニオンする道筋を選べないのは大きな欠点である。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおいて「三沢VS万丈目ホワイトサンダー」戦で万丈目が使用。
デッキをうまく回すことにより《コンバット・シザー・ビートル》の特殊召喚に成功する。
「万丈目VSレイ」戦では《前線基地》の効果で特殊召喚されて直接攻撃を決め、
そのまま《アサルト・キャノン・ビートル》の特殊召喚につなげた。



関連カード