《ライトエンド・ドラゴン(C)》

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2600 /守2100 
このカードは通常召喚できない。また、効果モンスターの効果によってこのカードは特殊召喚できない。
このカードが戦闘を行う場合、モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。このカードの攻撃力・守備力は500ポイントダウンし、
このカードと戦闘を行う相手モンスターの攻撃力・守備力はエンドフェイズ時まで1500ポイントダウンする。

OCGの《ライトエンド・ドラゴン》がメインデッキに入れられるようになった。
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》により特殊召喚が楽になったドラゴン族の宿命か、
効果モンスターの効果によって蘇生できない誓約が課せられている。
特殊召喚を行えず通常召喚でしか場に出すことのできない《光と闇の竜》と対を為しているようにも見える。

バランスを考えるとこの仕様も已むを得なかったのかもしれないが、原作で万丈目のエースカードであった《光と闇の竜》からの特殊召喚が行えない点は残念。
ちなみに原作では魔法・罠カードの効果以外ではこのカードは召喚されていない。

召喚が手間取る割に相手に《死者蘇生》を使われてNTRれる可能性も少なくないので注意。

  • 原作・アニメにおいて―~
漫画GXにおいて万丈目が使用。
《光と闇の竜》召喚前後に《ダークエンド・ドラゴン(C)》とともに戦線を維持してきた。
漫画では当初、相手ターンでも発動できる誘発即時効果だったのだが、戦闘でエースモンスターの見せ場を作るのに
このカードの効果は邪魔なのか、途中から起動効果として発動する場面がたびたび見られる。



関連カード