※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《吸血鬼幻想》

装備魔法
「紅き月 レミリア・スカーレット」にのみ装備可能。
装備したモンスターが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、
与えたダメージの半分の数値分自分のライフを回復し、
与えたダメージ2500毎に1枚、デッキからカードをドローする。 

《紅き月 レミリア・スカーレット》専用の装備魔法。ライフ回復に加え、ドロー効果まで付いている強力サポート。
《紅き月 レミリア・スカーレット》の攻撃力が元々の状態であれば守備力800以下の守備表示モンスターを戦闘破壊すれば1枚ドローが出来る。《紅き月 レミリア・スカーレット》の起動効果を一度使えば守備力2400まで対応出来る(以下4000→5600→7200…)。
勿論、ダイレクトアタックを決めればより高効率でドローすることが可能である。

単体で考えればライフ回復効果は《ダグラの剣》に劣り、ドロー効果はダメージが通れば確実にできる《天空騎士パーシアス》に劣る。
更に装備魔法である時点でディスアドバンテージになりやすく、扱いづらさが否めない。
一緒に《紅き月の従者 十六夜咲夜》を出すと無効化されてしまうのも同じモンスターをサポートするカードとしては致命的である。
数回効果を発動できればアドバンテージを取れる可能性があるので、咲夜が居ない時の保険としてなら使いようはあるか(その場合でも《血の懐中時計》が存在するが)。

  • 5000以上のダメージが通れば2枚ドローもできるが、レミリアの攻撃力をそこまで上げる手間とディスアドバンテージを考えると本末転倒感が否めない。とはいえ攻撃力を上昇させること自体は自前の貫通能力との相性も良いため、《パワーツール・ドラゴン》や《アームズ・ホール》といったサーチカードを共有でき、条件次第で大幅なパンプアップを見込める《団結の力》《魔導士の力》等と組み合わせるのは悪くない選択肢だろう。勿論、複数の装備カードを使用することで生じる除去に対する大幅なリスク増加には注意する必要があるが。

装備時「神術「吸血鬼幻想」! レミリアはスペルカードを装備した!」と表示される。


また与えたダメージの半分を回復する効果は東方緋想天や非想天則におけるレミリアの天候『濃霧』と同じである。





関連カード