※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《カーボネドン》

効果モンスター
星3/地属性/恐竜族/攻300 /守600 
自分の墓地にカードが15枚以上存在する場合のみ発動できる。
自分のメインフェイズに、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、デッキから「ダイヤモンド」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。 

墓地から除外することにより特定のモンスターをリクルートすることができる恐竜族モンスター。

ダイヤモンドと名のつくモンスターは《ダイヤモンド・ドラゴン》《D-HERO ダイヤモンドガイ》《魔将軍スリーダイヤモンド》の三体。
このカードの実装された当時は前者二体しかいなかったため、あまり注目はされなかったが現在ではノーコストで攻撃力3000のモンスターを呼び出すことができる強力なカードとなっている。

原作とかその使用者をリスペクトするんだったら《ダイヤモンド・ドラゴン》使おうぜ!

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGXの「十代VS三沢」戦において三沢が使用。
原作では「このカードが墓地に送られて以降10枚以上のカードが墓地に送られたとき、
このカードを除外して手札またはデッキから《ダイヤモンド・ドラゴン》を特殊召喚する」という効果だった。
最初のターンで戦闘破壊され、デュエル中盤の盛り上がったところで効果を発動した。