※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《妖怪 赤鬼》

条件召喚・効果モンスター
星7/地属性/悪魔族/攻2800 /守2100 
このカードは通常召喚できない。「閻魔の裁き」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、自分の手札を任意の枚数墓地に送る事で、その枚数分だけフィールド上のカードを破壊する。 

《閻魔の裁き》によってのみ特殊召喚できる条件召喚モンスター。
特殊召喚成功時のタイミングで墓地に送った手札の枚数分だけ相手フィールド上のカードを破壊できる誘発効果を持つ。
この効果で相手の場を一掃しようと思った矢先を《天罰》で仕留められたら目も当てられない。

攻撃力・効果ともに強力な効果ではあるが、大概の場合特殊召喚を行うのは自分のターンである場合が多く、
誘発効果によって相手のカードを破壊できたとしても次の手を打たれる可能性もあるのだ。
破壊効果から流れるようにダイレクトアタックを決められないのは辛い。

また《閻魔の裁き》の効果でしか特殊召喚できないため腐る可能性も高く、
いざとなったらこのカードをコストにせざるを得ない状況もおきるだろう。
十分に活躍できるかは運次第である。

  • 原作・アニメにおいて―~
漫画版GXにおいて「レジー・マッケンジーVS三沢」戦にて三沢が召喚。
効果を発動する際に手札を全て墓地に送って効果を発動しているが、
目の前のモンスターに浮かれて伏せカードを破壊しなかったのを反省している辺りは戦略的な三沢らしい一面であり、OCG志向の読者の共感を誘った。



関連カード