《もののけの安息》

通常魔法
自分フィールド上に存在する「妖怪」と名のついたモンスター1体を墓地に送り、
デッキからカードを2枚ドローする。 

フィールドの妖怪モンスターを二枚のドローにに還元する通常魔法。
妖怪特有の蘇生サポートを駆使すればテンポアドバンテージを損ねることなく手札交換を行える。

墓地に送る対象として有力なのは蘇生された後たいした戦力にならない《妖怪 カラス天狗》《妖怪 陰魔羅鬼》あたりか。
《妖怪 馬頭鬼》も相手に破壊してもらうほうが都合のいい場合もあるが、
能動的に墓地に送る手段としてはカードの損失無しに行えるためケース・バイ・ケースで発動機会を見極めたい。
《妖怪 影女》の召喚時に蘇生したモンスターも対象に最適。

蘇生された時点でアドバンテージを得られるという《妖怪 カラス天狗》《妖怪 陰魔羅鬼》も、
ただ壁として使用するだけでは戦闘によってアドバンテージを取り返されるため、
何らかのカード、アドバンス召喚、シンクロ召喚のコストとして利用しておきたい。
そういう状況で条件を選ばないこのカードの効果はシンプルかつ便利。

《生還の宝札》《妖怪 馬頭鬼》が無制限だった頃は妖怪蘇生時に発生するリソースを大量に得られたため、
このカードの併用によってさらにデッキを一人回しする光景もちらほら見られた。
現在は以前ほどのパワーを持ち合わせていないが、まだまだ【妖怪】デッキの手札交換カードとして現役である。

  • 原作・アニメにおいて―~
漫画版GXにおいて「万丈目VS三沢」戦にて三沢が使用。原作では「フィールド上の妖怪1体を墓地に送る」だけという味気ない効果だった。
あえて無効化されるこのカードを発動することにより《光と闇の竜》の攻撃力を下げることに成功するのだが―――