※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《エレメントスクール》

永続魔法
自分フィールドの「ベクター」「アクエリオン」と名のついたモンスターの攻撃力・守備力は200アップする。
表側表示のこのカードを墓地へ送る事で、
デッキから「ベクター」「アクエリオン」と名のついたモンスターを1枚選択しデッキの一番上に置く。 


咲夜さんオリジナルカード第四期に登場した永続魔法。
特定モンスターにのみ全体強化を適用し、墓地に送る事で特定モンスターをサーチする効果を持つ。

一見有用に見える二つの効果を持つものの、その使い勝手はいずれも微妙。
一つ目のバンプ効果は「ベクター」「アクエリオン」と名のつくモンスター全てに適用されるものの、ほんの気休め程度の数値でしかない。
決して高いとは言えない攻撃力のアクエリオン達、戦闘補助としてこのカードを当てにするのは力不足と言わざるを得ない。

二つ目のサーチ効果も便利に思えるが、デッキトップに置くという一点が気になる所。
採用されるであろう【アクエリオン】はデッキパワーに優れているとは言い難く、このシンクロ環境では1ターンのラグが致命傷となる場面も多々ある。
《デーモンの宣告》等とコンボすれば即座に目的のアクエリオン及びベクターを手札に加えることが出来る。
しかし、ただでさえコンボ臭の強いアクエリオンに単体では役に立たないカードを加える余裕があるかどうかが問題である。


戦闘補助・サーチのどちらもこなせるカードと言えば聞こえは良いが
戦闘補助としては《強者の苦痛》に、サーチカードとしては《封印の黄金櫃》に劣っており、器用貧乏臭が否めない。
相手に追い詰められた際にこのカードをドローした場合、なんとも言えない脱力感に襲われる事になる。
唯一《ベクターデルタ》のみがこのカードとコンボを見込めるため、これと《天変地異》《デーモンの宣告》を軸に構築していけばあるいは……といったところか。
サーチ効果を発動した際に原作キャラの台詞があるため、これを目当てにピン挿ししている決闘者が居るかもしれない。

発動時
アクエリオンに搭乗するエレメント達のスクールが設立された!
墓地に送ったとき
不動「行け、アクエリオン!」
とメッセージが出る。

  • その他・元ネタ
コメント募集中