《開運ミラクルストーン》

永続魔法
フィールドに表側表示で存在する「占い魔女」と名のついたモンスターの攻撃力は、
フィールド上に表側表示で存在する「占い魔女」と名のついたモンスター1体につき1000ポイントアップする。
「占い魔女」と名のついたモンスターは、召喚・反転召喚・特殊召喚されたターンに攻撃できない。
「開運ミラクルストーン」はフィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

オリジナルカード6期で実装された永続魔法。占い魔女の攻撃力を大幅に上昇させる効果を持つ。

単体では全く戦闘能力を持たない通常モンスターである占い魔女の、現時点での唯一の戦闘サポートカードであり
【占い魔女】を組む際には必須カードとなる1枚である。

その上昇幅は大きく、1体召喚するだけで1000ポイントアップが確定、3体並べれば《青眼の白龍》と互角の攻撃力3000が3体になるという、
攻撃力上昇系サポートカードの中では破格の数値を誇る。

占い魔女は低攻撃力・通常モンスターとサポートの豊富なカテゴリであるため、《リミット・リバース》や《地獄の暴走召喚》といった低攻撃力用召喚サポート、《思い出のブランコ》《正統なる血統》といった通常モンスターサポートを駆使してなるべく多くの占い魔女を場に揃え、このカードの恩恵を最大限受けたい。

しかし、この効果を受けるモンスターは召喚ターン攻撃できなくなるデメリットには注意が必要。
速攻でモンスターを揃えたとしても、このデメリット効果によりそのターンのうちにラッシュをかけ戦局を動かす事は出来ないのだ。
相手ターンのうちに《大嵐》などで対策を取られる可能性は十分にあるため、それは十分に考慮しておきたい。
最大限デメリットを減らしたい場合、あらかじめこのカードは発動しておき相手ターンのエンドフェイズに前述の特殊召喚罠カードなどを発動する事で自分ターンに戦闘に加われるモンスターの数が増え、奇襲性が増すだろう。

当然の事ながら、相手からの魔法・罠除去カードによるこのカードの除去には最大の注意が必要。
このカードで攻撃の準備をしていた占い魔女達は攻撃力0を無防備にさらけ出す事となり、ダイレクトアタックと同じダメージを受けつつモンスターを次々に失ってしまう羽目になる。

またこのカードはフィールドに1枚しか存在できず、2枚目以降は手札で持て余す事となる。
【占い魔女】ならばこのカードは常にフィールドに存続させておきたいため、相手の除去を受けたらすぐに手持ちの2枚目以降を発動させたい。
大抵の場合《大嵐》《サイクロン》、次点で《砂塵の大竜巻》《ハリケーン》辺りは相手のデッキに入っていると予測できる。
なるべくこのカードを発動する前に相手の除去を誘う必要があるだろう。
《タイムカプセル》はこのカードの囮となり、場合によってはこのカード自身のサーチ手段にもなりえる。

ちなみにこのカードが複数フィールドに存在できた場合、3枚発動したならば占い魔女を1体通常召喚しただけでそのモンスターの攻撃力は3000。3体並べれば攻撃力9000が3体揃うというインフレ攻撃力となる。
様々な条件を揃える必要はあるものの、魔法・罠除去カードの比較的少ない環境においては非常に強力に成り得るこのパワーを抑止するための一枚制限なのだろう。


  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ遊戯王5Ds、カーリー渚VSディヴァインにおいてカーリーが使用。
《受け入れがたい結果》《幸運の前借り》とコンボさせ、1ターンのうちに3体の占い魔女を揃え攻撃力3000×3の場を整えた。
しかし次の相手ターン、ディヴァインの《最古式念導》によりこのカードを破壊されてしまい、攻撃力が0に戻った占い魔女達とともにカーリーは倒されてしまうのであった。


  • コナミのゲーム作品において―~
PSP「遊戯王5Ds タッグフォース4」において、オリジナルカードとしての登場する。
ゲームにおいては枚数制限されていないため、通常時のカーリーのデッキは稀ながらも非常に高い爆発力を持つ。