※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《男の援軍》

通常魔法
自分のデッキから「グレファー」または「魔王」と名のついたモンスター1枚を墓地へ送って発動する。
自分のデッキからレベル4以下の「グレファー」と名のついたモンスター1体を手札に加える。 

オリジナルカード6期で実装された通常魔法。
「グレファー」または「魔王」をデッキから墓地へ送りつつグレファーをサーチする事ができる。

効果によって、デッキから《戦士ダイ・グレファー》または《ダーク・グレファー》を手札に加えられる。
戦士族サーチカード《増援》の制限化によって、キーカードでありながら微妙にサーチの難しかった《戦士ダイ・グレファー》を容易く手札に加えられるのは大きい。
《復讐の女戦士ローズ》が場にいるならば、即座に《漆黒闘士グレファー》へのシンクロ召喚に繋げられるだろう。



コストとしてデッキから「グレファー」または「魔王」1枚を墓地へ送る必要があるが、《おろかな埋葬》が重宝される事からも分かるように
このコストはデメリットでなくむしろデッキ圧縮+墓地落としのメリット効果とすら言える存在である。《グレファーズ・プロモーション》の発動条件を満たすため《戦士ダイ・グレファー》を速攻で墓地へ落とすもよし、《グレファー・シグナル》《漆黒闘士グレファー》の攻撃力上昇を狙い漆黒の魔王シリーズを墓地へ落とすもよしである。
但し効果で「グレファー」を落としすぎてしまうと終盤にデッキにサーチ対象がいなくなってしまうことがあるので注意。


同じグレファーサポートカードの《グレファーズ・プロモーション》《グレファー・シグナル》《漆黒闘士グレファー》の全てと非常に相性が良く、グレファーデッキの起点として活躍できる優秀な魔法カードである。
デッキから墓地へ送るコストとサーチ効果を同時に行う点は《ジェネクス・ウンディーネ》を彷彿させる。

  • エラッタ前のテキストがこちら。

通常魔法
自分のデッキから地属性モンスター1枚を墓地へ送って発動する。
自分のデッキからレベル4以下の「グレファー」と名のついたモンスター1体を手札に加える。 

コストの範囲が現在と比べてかなり広く、単純に地属性専用のアドバンテージを失わない《おろかな埋葬》として考えることもでき、デッキを《戦士ダイ・グレファー》と同じ地属性・戦士族で固めるだけでもかなり悪巧みをすることができた。
実質準制限カードの《おろかな埋葬》を5枚積める(デッキにグレファーを投入する必要があったが)のと同じであったのでこのカードの悪用は本気で洒落にならない強さであった。
《ダーク・グレファー》や「漆黒の魔王」シリーズ以外の「魔王」も墓地へ送れる点はエラッタ後の利点である。

  • 名前と効果からして、《光の援軍》のオマージュカードだろう。あちらとは墓地送りのコストが「グレファー」「魔王」に限定されず上から3枚分を墓地へ送る点、サーチ対象が各々強力な効果を持ち多くの対象が存在するライトロードである点などが異なる。


発動時メッセージ「 グレファーが猛然と助けに来てくれた!