※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ファイナルスパーク》

通常魔法
自分フィールドに表側表示で存在する「黒魔法少女 霧雨魔理沙」1体を選択して発動する。
選択したモンスターに乗っている魔力カウンターを全て取り除き、エンドフェイズまで
そのモンスターの攻撃力はこの効果で取り除いた個数×1000ポイントアップする。
この効果を受けたモンスターが攻撃する場合相手はダメージステップ終了時まで
魔法・罠カードを発動できず、そのモンスターが戦闘で破壊したモンスターの効果は無効化される。
また、攻撃したモンスターはダメージステップ終了時に守備表示になる。 


《黒魔法少女 霧雨魔理沙》専用の強化カード。
取り除いた魔力カウンターの数だけ攻撃力を上げ、《古代の機械獣》と《アックス・ドラゴニュート》の効果を付与する。

極めて強力な攻撃力上昇効果を付与できるが、カード名名指しの専用カードである事に加えスペルスピード1の通常魔法、また対象カードの魔力カウンターを全て失うといったように事故等の危険も大きい。
特に《黒魔法少女 霧雨魔理沙》は自身の効果によって魔力カウンターを4つ消費する事で破壊効果を発動できるため、単に強力モンスターに対抗したいだけならばその効果で事足りてしまう場合も多い。投入と発動にはよくタイミングを見極め、まさに必殺技としての慎重な運用が必要となるだろう。

間違えやすいところだが、魔力カウンターの処理の裁定としてこのカードの発動後に魔力カウンターが乗る事になるため、
このカードの効果を使用した後に「このカードを発動した事によって乗る魔力カウンター」が1つ乗る。
例えば魔力カウンターの4つ乗った《黒魔法少女 霧雨魔理沙》 攻撃力1700+(200*4)=2500に対して使用すると、
4つ分の魔力4000ポイントアップ、魔力カウンター4つ分の永続上昇分200*4が消え、最後に1つ乗って+200、結果2500→5900、3400ポイントアップ。やや計算しづらいので数値運用には注意しよう。
僅か一ターンとは言え《聖なるバリア-ミラーフォース-》にかからない《究極竜騎士》を越える攻撃力のモンスターが出てくるのは恐ろしい事である。


弱点は、《レインボー・ヴェール》は内蔵していない点。表側表示なら《クレボンス》に攻撃を止められ、《N・グラン・モール》に手札に戻され、《一撃必殺侍》に1/2の確率で撃破される。
絶対に表側攻撃表示の《魔鏡導士リフレクトバウンダー》なんかに攻撃してはいけない。

古代の機械効果付与によって《聖なるバリア-ミラーフォース-》は怖くないが、フリーチェーンの妨害カードには細心の注意が必要。
《和睦の使者》あたりをチェーンされて、このカードは失うわ魔理沙の魔力カウンターは取り除くわで重大なディスアドバンテージとなる。

  • 微妙に初手6枚では後攻1キルに届かない。

  • 全体攻撃効果付与の《ノンディレクショナルレーザー》と組み合わせてファイナルスパーク撃ち放題!とやってみたくなるがこのカードのデメリット効果として攻撃モンスターはダメージステップ終了時に守備になる効果があるため、残念ながらそれはできない。《最終突撃命令》などと組み合わせれば可能にはなるが、そこまで狙うくらいならば《おジャマトリオ》+《最終突撃命令》の全体攻撃でも狙ったほうが早道だろう。

発動時メッセージ「魔理沙が最大の奥義を放つ準備をする!」
また、攻撃名が 「魔砲「ファイナルスパーク」!!」
となる
ちなみに《ノンディレクショナルレーザー》とこのカードを同時に発動した場合こちらのカードの攻撃名変更が優先される。

  • 原作・アニメにおいて──
東方永夜抄4面ボス、霧雨魔理沙のスペルカード。ノーマル・ハードで使用される。
魔理沙の奥義、マスタースパークを超えた超必殺技。



関連カード