《時代親父入道 雲居雲山》

ユニオンモンスター【命蓮寺】
星4/水属性/水族/攻1000 /守0
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分の「守り守られし大輪 雲居一輪」に装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で装備カード扱いになっている時のみ、装備モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊する度に、フィールド上に存在するカード1枚を選択し手札に戻す。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1体まで。
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、代わりにこのカードを破壊する。) 

 《守り守られし大輪 雲居一輪》専用のユニオンモンスター。その上昇量はユニオンとしては大きめの1000ポイント。

 装備することで、1000ポイントの攻撃力上昇とユニオン固有の戦闘破壊を免れる効果、そして装備モンスターが戦闘でモンスターを破壊した時フィールド上のカード1枚を持ち主の手札に戻す誘発効果を得る。
《守り守られし大輪 雲居一輪》の起動効果により、墓地からこのカードを特殊召喚する事が出来るため、フィールドに2体を揃える事が非常に容易い。属性を同じくしており、《グリズリーマザー》《サルベージ》といったリクルート・サーチ方法も共有でき、ユニオン最大の弱点である「フィールドに特定の2体を揃え辛い」事をある程度克服している点は有難い。

装備効果によって、戦闘でモンスターを破壊した時フィールドカード1枚を手札に戻す事が可能。
トリガーが戦闘破壊した場合であるため、相手の危険な伏せカードを先読みして戻したり、相手の場が強力モンスター1体のみの場合、効果を有効に使う事が出来ない。相手の場に強力モンスター以外の弱小モンスターが場に存在する場合や、足止めしたい永続罠などが存在する場合、対象の自由なバウンス効果として有効に働いてくれるだろう。この効果を使用するという事は 《守り守られし大輪 雲居一輪》攻撃力が2200になっているという事であるため、エース以外のモンスターならば戦闘で破壊する事は決して難しくないだろう。
また、自分の場のカードも対象に選択できるため効果を使用した《魔導戦士 ブレイカー》《E・HERO エアーマン》を再利用したり、《光の護封剣》を延々使い倒したりといった芸当も可能である。ただしあくまでトリガーが戦闘破壊であるため、いざとなれば相手はモンスターを場に出さないなどして効果発動を妨害する事も出来る。《氷結界の虎王 ドゥローレン》のように、能動的に幾度もバウンス効果を使用するのは難しいかもしれないため、戦略のキーパーソンとまでするのは考え物である。

装備対象である一輪の元々の攻撃力も高くないため2体を揃えても場を制圧する事は難しいが、誘発効果によって1度の攻撃で2枚のカードを処理できるという事はなかなか大きい。戦闘破壊耐性が備わる事もあり、この2体が揃っていれば相手の動きに釘を刺す役割が十分に可能であろう。相手の裏守備モンスターを何度も手札に戻せれば相手の戦闘速度は大幅に遅れることとなるため、相手が守勢に回っていればいるほど力を発揮するカードと言える。

  • 自分自身を手札に戻す事も可能。(あんまり意味はないが)

手札に戻す効果発動時
大喝「時代親父大目玉」!
と、スペルカード宣言をする。

  • 東方Projectにおいて―~
 東方星蓮船3面ボスの操る入道。形や大きさを自在に変える事が出来る程度の能力。
 雲山は、雲で出来た入道である。頑固親父で無口だが、根は優しい。曲がったことが嫌いで、正々堂々としている者を好む。
 スペルカード中のみ姿を現すが、その顔面から放たれる衝撃は一輪の存在感を薄くする程度の能力を持っていた。
 ちなみに本来彼自身は雲居姓ではない。ではないが、どうでもいいことなのでどうでもいいです。

関連カード