《守り守られし大輪 雲居一輪》

効果モンスター【命蓮寺】
星4/水属性/魔法使い族/攻1200 /守1800 
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、手札のカード1枚を墓地に捨てる事によって、
自分の墓地に存在する水属性ユニオンモンスター1体を特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動したターンこのカードは攻撃できない。 

 手札をコストに墓地から水属性ユニオンを蘇生する効果を持つ水属性・魔法使い族の下級モンスター。

 手札1枚を、水属性ユニオンモンスター限定の《死者蘇生》に変換する起動効果を持つ。このカードの専用ユニオンモンスター《時代親父入道 雲居雲山》を対象にすると、攻撃力2200の破壊耐性持ちモンスターが即座に出来上がる。ただしそのターンのこのカードの攻撃が封じられるため、攻撃性はあまり高くない。出来る事ならば《リミット・リバース》といったような蘇生カードを優先して発動したい。《リミット・リバース》で蘇生した《時代親父入道 雲居雲山》を装備して、その装備効果で使用した《リミット・リバース》を手札に戻す、などすると再利用が可能となり面白い動きができる。
蘇生対象は《時代親父入道 雲居雲山》でなくとも、水属性ユニオンモンスターならば何でも可能である。
その中で注目できるのは《メタル化寄生生物-ルナタイト》だろう。ステータスが低いためサーチ・サルベージこそ容易であるものの、レベル7という最上級モンスターを自由に《死者蘇生》できるのはやはり有効。
ただし《メタル化寄生生物-ルナタイト》は破壊耐性と魔法無効能力しか持たないため、このカードに装備させる対象としてはあまり相応しくはない。自分の場に他の強力モンスターが存在する場合ならばその装備効果を存分に生かしてくれる。
その他、《コイツ》は非常に特殊なモンスターであり、このカードを即座に蘇生できる下級モンスターの登場は《コイツ》を使用するデッキにとっては構築の幅が大いに広がると言える。

 このカードのポイントとなるのは《明鏡止水の心》に対応している点、および特殊召喚によりフィールドアドバンテージを稼げる点である。即ち、アドバンス召喚のサポートに向いているということとだ。このカードを維持できれば手札1枚が上級モンスターのリリース素材となる。このカード自身もリリースすれば最上級モンスターも出せるのである。別個にチューナーモンスターを召喚すればシンクロ召喚も行えるだろう。
 いずれにせよ墓地に水属性ユニオンモンスターがいなければまったくの役立たずなので注意しよう。


効果発動時、守り守られし大輪 雲居一輪は雲山をまといステータスアップ!
と、メッセージが出る。


  • 東方Projectにおいて―~
 東方星蓮船3面ボス。入道を使う程度の能力。
 真面目だが機転が利いて要領がよい。雲山の頭が固いので、上手く制御しているのである。
 雲山にインパクトを持っていかれているのでかなり印象の薄いキャラになってしまっている。不憫だ。

関連カード


水属性のユニオンモンスター