《毘沙門天の弟子 寅丸星》

効果モンスター【命蓮寺】
星6/光属性/戦士族/攻 2350/守 1700
このカードが光属性以外のモンスターと戦闘を行う場合、このカードは1度だけ戦闘では破壊されない。
メインフェイズ1に手札を1枚捨てる事で、
このターンこのカードが光属性以外のモンスターと戦闘を行う場合ダメージ計算を行わず相手モンスターを破壊する。 

2011/10/3のエラッタで「1ターンに1度破壊されない」から「1度だけ破壊されない」に変更された。

Extraで登場した、光属性・戦士族のモンスター。

戦闘破壊耐性効果は、このカードの攻撃力が上級モンスターの標準に一歩及ばないことも考えると有効に働くことが多いだろう。
光属性以外のカードでこのカードを倒したい場合、上級レベルの攻撃力を持つモンスターが2体以上必要なのである。
後述の効果もあるため、次のターンに繋ぐための強力モンスターを1体だけ残すこともためらわれるため、抑止力としての性能は中々。
但し、光属性の絡むデッキには容易に突破されてしまうため注意が必要。
最もシンクロ召喚が容易な部類であり、投入率も高い《マジカル・アンドロイド》に一方的にやられてしまうのは非常に痛い。

メインフェイズ1に手札を1枚捨てることで、戦闘対象をダメージ計算無しで破壊できる効果は強力。
似た効果を持つ《A・O・J カタストル》が殆どのエクストラデッキに入っている汎用性の高いカードであることからも、この効果の威力がわかるだろう。
勿論、相手ターンに使えず、手札コストも必要で、更にシンクロでない上級モンスターであるこのカードのパワーはあちらに比べれば劣るものの、《ダーク・アームド・ドラゴン》など闇属性には手軽に出せる強力モンスターが多いので、それを手札1枚と攻撃宣言により継続的に除去できる効果は侮れない。
光属性相手にはこちらの効果も使用できないことには注意。
《聖なるバリア-ミラーフォース-》など攻撃反応型罠にも弱い。
「光属性」「手札を捨てる」ということで、【魔轟神】に入れてみてもいいかもしれない。

  • 東方Projectシリーズの獣型妖怪には珍しく、獣戦士族ではなく戦士族。

  • テキストを見る限り、カードを捨てるのは「効果」に思えるが実際の処理は「コスト」である。よって暗黒界とは残念ながらシナジーがない。

  • 他の東方星蓮船関連モンスターと同じく、手札コストが必要な効果を持つ。最終ボスである白蓮の効果が気になるところ。

破壊されない効果発動時
法灯「隙間無い法の独鈷杵」!毘沙門天の弟子 寅丸星は光属性以外のモンスターには1ターンに1度、戦闘で破壊されない!
と、スペルカードを使う
攻撃スペルカードは「 「コンプリートクラリフィケイション」!
破壊効果は発動時
至宝の独鈷杵!
毘沙門天の弟子 寅丸星の法の光の前にモンスターは膝をつく!
で、破壊時に 光符「浄化の魔」 ![モンスター]は光の前にかき消えた!

  • 原作・アニメにおいて―~
東方星蓮船5面ボス。

白蓮が寺に自らの信仰する毘沙門天を召喚しようとした際、妖怪たちが毘沙門天を恐れ、また毘沙門天自身も多忙だったため、
代わりに寺のあった山で一番「まともな」妖怪である彼女を毘沙門天に紹介し、代わりに信仰を集めさせた。
非常に優秀な妖怪だったため、毘沙門天として活動している間大きな問題は起こらなかったものの、白蓮が封印された時も自分から行動を起こすことはなかった。
人間に正体を知られることは彼女にとって最も危険なことだったからである。

数百年後、ムラサ一輪たちが地底から再び現れた際に、
当時の後悔もあり、白蓮の封印を解くべく協力を決意。封印の鍵である飛宝を探し始めた。

作中では、うっかり封印の鍵のひとつである宝塔を失くしてしまい、密かにナズーリンに委託して探させていた。

ちなみに毘沙門天直属の部下であるナズーリンとは、部下として使役しつつも問題のないよう監視されるという少し複雑な関係にある。



関連カード