《月影龍クイラ》

ダークシンクロモンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「DT」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体
このカードを特殊召喚する為には、自分フィールド上に存在する「DT」と名のついたチューナーのレベルから、
それ以外の自分フィールド上に存在するモンスター1体のレベルを引き、その数字がこのカードのレベルと等しくな
らなければならない。
自分フィールド上に存在する「太陽龍インティ」が破壊され墓地に送られたとき、
自分の墓地に存在するこのカードを攻撃表示で特殊召喚する。
自分フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地に送られたとき、
800ライフポイントを払い自分の墓地に存在する「太陽龍インティ」1体を攻撃表示で特殊召喚する。
このカードは自分のターンのエンドフェイズ時に破壊される。

 咲夜さんCGIオリジナルカードEXで登場したダークシンクロモンスター。自身が破壊された時800ライフをコストに墓地の《太陽龍インティ》を特殊召喚する効果と、自分のエンドフェイズに発動する自壊効果を持つ。
 完全に《太陽龍インティ》のサポートを目的としたモンスターなので、必然的にシンクロ召喚とダークシンクロ召喚を両立させたデッキを作る必要がある。その為、使用するダークチューナーは《DT・黒の女神ウィタカ》がお薦めである。
 《DT・黒の女神ウィタカ》を使用する場合、《太陽龍インティ》のレベルは8なのでレベル2のモンスターを用意すれば即座に召喚出来る。その場合、《赤蟻アスカトル》の効果で《泣き神の石像》を特殊召喚するか、《ボルト・ヘッジホッグ》を使うのもお薦めである。
 このカードと《太陽龍インティ》が墓地とフィールドに存在すれば、ライフコストさえ払えれば実質破壊耐性を持っているも同然となりかなり強力である。だが、そのライフコストが癖物であり《太陽龍インティ》の効果を使えばライフが一気に減ってしまう為、何らかのサポートをしないとあっという間にライフが無くなりライフコストが払えなくなってしまう。強力なカードではあるが、使い方を良く考える必要がある。


 ・神話・伝承において

このカードの元となった「クイラ」はインカ神話の月の女神ママ・キジャ(Mama Quillaと表記されママ・クイラとも読む)であろう。同じ神話上の「インティ」の妻であり、妹である。


 ・原作において

 ダークシグナー編の最終決戦でゴドウィンが使用。《太陽龍インティ》と共に繰り返し復活し続け遊星達を苦しめた。最終的にはジャックの残した《覇者の接見》の効果で特殊召喚を無効化され再生コンボは破られた。尚、原作では《太陽龍インティ》を特殊召喚する効果はライフコストを払う必要が無かった。

関連項目